ステッカーは貼ってはならない

img1042

ステッカーを貼ってしまうパターンには3つある気がする。

A.ここに、このステッカーを貼りたい!ということで入手してまで貼りたい場合。

B.たまたま持っていたステッカーを、これじゃあ(この場所が)寂しく感じる、とか自分のものとわかりやすくするためのマーキングとして貼りたい場合。

C.これ貼ってるっておもしろいでしょ!という個性アピールで、貼りたくなっちゃう場合。

 

Cなんかは、「最大積載量 積めるだけ」に代表されるような、最近はあんまり見ないですけど「センス無いのバレる系」です。すいません。

そのステッカーの存在そのものは面白いんです。それを作ろう!とした心意気も、じゅうぶん面白い。「最大積載量◯Kgが決まっているからこそ」のアイデアなわけですから、それをひっくり返て茶化す、という意図は、もともと面白いんですよ。

でもそれを、貼っちゃダメなんです。難しいなぁ。おもしろくないんです。

 

 

で、B.ですが。これって実は「隠れC」なんですよね。
こんなライブ行ったんだ!こんなステッカー持ってるんだ!という個性アピールですから。

「水曜どうでしょう」はA.ですかね。
番組のステッカーなんかはそのファンであったりすると嬉しいものなのでしょう。

個人的にそういう感情になったことが1秒もないのでわからないんですが、関係者ではないのに番組のステッカーを車に貼って走り回ってくれるなんて、いいお客さんですね。

まぁ、でも、そうか。

でっかく「CHANEL」と書いたTシャツ着て歩いている人もいますもんね…。

たいてい、佐川急便の服着て歩いてる人が佐川急便の人なんで、「CHANEL」と書かれた服とかバッグ持ってる人にも「シャネルの人ですか?」と聞いてもいいかもしれません。聞いたことないですね、あんがい「へえ、わたしらあそこのもんですよ」といづもやばりに答えてくれるかもしれませんもんね。

一瞬最後に映る「ノックは無用」ワロタwww

 

 

個人がブランドによって底上げされたような気分になる、というのはマーケティングなどでも研究されている分野でしょう。

同じように、「おもしろいと感じた番組のステッカーを貼ることで自分もおもしろいセンスを持っているような気分になる」という作用があるのだと思われます。

これぞブランド力(りょく)、ですね。

結局、AもBもCも、センスが問われるんです。

どんなステッカーを貼るか、にではありません。

 

『貼るか貼らないか』にです。

貼っちゃダメなんです。

 

それは、センスの無さがバレるから、もありますし、「なに貼ったってダメ」ということでもあります。

Apple製品を買うと、リンゴのステッカー(白)が2枚入ってたりしますが、あれってどう使うんでしょう、稀に、自分の自動車のリアガラスなどに貼ってる人がいますが、Appleの人、ですか?
「へえ、わたしらあそこのもんですよ」の人ですか?

 

とにかくステッカーという、裏に粘着剤がついているということ「それだけ」で、舞い上がって貼るのはやめましょう。

子供がどこへでもシールを貼りたがる、あれとまったく同じで成長していない精神を露呈することになります。

 

 

 

21-2081 965 ハードライン ステッカー剥がし補助剤 ステッカー オフ 【在庫あり】

21-2081 965 ハードライン ステッカー剥がし補助剤 ステッカー オフ 【在庫あり】

コメントを残す

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

このページの先頭へ