管理栄養士と美容皮膚科医共同開発【7daysカラースムージー】100円モニター

ステッカーは貼ってはならない

おやじステッカー大 おやじ 飛び出し注意

 

ステッカーを貼ってしまうパターンには3つある気がする。

 

A.ここにこのステッカーを貼りたい!ということで入手してまで、貼りたい場合。

B.たまたま持っていたステッカーを、これじゃあ(この場所が)寂しく感じる、とか自分のものとわかりやすくするためのマーキングとして、貼りたい場合。

C.これ貼ってるって!おもしろいでしょ!という個性アピールで、貼りたくなっちゃう場合。

 

C「これ貼ってるっておもしろいでしょ!という個性アピールで、貼りたくなっちゃう場合」なんかは、「最大積載量 積めるだけ」に代表されるような、最近はあんまり見ないですけど「センス無いのバレる系」だ。すいません。

 

そのステッカーの存在そのものは面白い。それを作ろう!とした心意気も、じゅうぶんに面白い。「最大積載量◯Kg、と法律で決まっているからこそ」のアイデアなわけだから、それをひっくり返して茶化す、という意図は、もともと面白い。

でもそれを、貼っちゃダメなんだ。
難しいなぁ。
なにもおもしろくない。

 

 

で、B.だが。

これって実は「隠れC」なんだな。
こんなライブ行ってきたんだ!
こんなステッカー持ってるんだ!

という個性アピールだから。

 

「水曜どうでしょう」はA.かな?
人気番組のステッカーなんかは、そのファンであったりすると嬉しいものなんだろう。

個人的にそういう感情になったことが1秒もないのでわからないんだけど、関係者でもないのに番組のステッカーを車に貼って、走り回ってくれるなんて、いいお客さんだ。

 

まぁ、でも、そうか。

でっかく「CHANEL」と書いたTシャツ着て歩いている人もいるもんね…。

たいてい、佐川急便の服着て歩いてる人は佐川急便の人なんで、「CHANEL」と書かれた服とかバッグ持ってる人に「シャネルの人ですか?」と聞いてもいいかもしれないんだけど、聞いたことないね。

あんがい「へえ、わたしらあそこのもんですよ」といづもやばりに答えてくれるかもしれませんけどね。

一瞬最後に映る「ノックは無用」ワロタwww

 

 

個人がブランドによって底上げされたような気分になる、というのは、マーケティングなどでも研究されている分野だろう。

同じように、「おもしろいと感じた番組のステッカーを貼ることで自分もおもしろいセンスを持っているような気分になる」という作用があるのだと思われる。

 

これぞブランド力(りょく)。

結局、AもBもCも、センスが問われる。「どんなステッカーを貼るか」、にではない。

 

『貼るか貼らないか』にだ。

つまり、貼っちゃダメなんだ。

 

それは、センスの無さがバレるから、もあるし、「なに貼ったってダメ!」ということでもある。

Apple製品を買うとリンゴのステッカー(白)が2枚入ってたりするが、あれってどう使うんだろう。
稀に、自分の自動車のリアガラスなどに貼ってる人がい流けど、Appleの人、ですか?

「へえ、わたしらあそこのもんですよ」っていうことなの?

 

とにかく、ステッカーという、裏に粘着剤がついているということ、「ただそれだけ」で、舞い上がって、貼るのはやめよう。

 

子供がどこへでもシールを貼りたがる、あれとまったく同じで、成長していない精神を露呈することになる。でも、今回のこの文章自体、「まったく意味がわからない。なんでダメなの?」という人がいることも、知ってるww

 

Holts(ホルツ) ステッカーリムーバーリキッド
Holts(ホルツ)
売り上げランキング: 7,115

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

このページの先頭へ