BT

バッテリーを買いました。

 

裏蓋を開けるのに、特殊なドライバーがいる小さい精密ドライバー。

はっきり言って安いドライバーはダメだ。

セットで1000〜1500円くらいの精密ドライバーセット売ってるけど、こういうのはダメ。

 

 

 

 

けっきょく、ドライバーでネジを回す時に、「くぬっっ」と力が抜けるような、手応えを吸い込まれるような感覚になることがある。

つまり、「ネジ山が潰れる」。

 

ネジ山をなめる、と表現するようだ。

 

そうなったら、ネジ側に切り込みがなくなり、「ただの凹み」があるだけになり、完全にそうなってしまうともう、家にあるドライバーでは回せない。

そうなったとしても、普通のネジなら最悪、バイスプライヤーとか「ネジザウルス」とかで開けることができるようだけど、精密ネジはアウトです。

なので、慎重に、精密ドライバーを買うことにしよう。

基本は、メイドインジャパンだ。

いいですか、「日本製」を買いましょうね。

ネジ山がたとえつぶれなくても、ドライバー側が、ぬるっとつぶれる。

で、バッテリーを変えるのに必要なのは

これ。

ベンツのマーク?っていうかテトラポッドっていうか。

「Y」っていうか。

これで外すバッテリーのネジは、たった「2本」なのだww

2本くらいなんとかなりませんか?とは思いますが、ならん。

素直に買おう。

 

で、買ったバッテリーはこちら。

こっちが楽天↓

 

MacBook Proのの裏蓋を開けると、思いっきり、「バッテリーを外さないでください」と書いてあるwww

うん、正規の保証はもうあきらめなさいよ?ってことですねわかりました。

 

ネジをハズし、シールを剥がし、コネクタを抜く。

コネクタは、上に向けて外そう

ちょっとだけ、テコを利用する必要がある。

最先端機器だから、力強く引っ張る必要はどこにもありません。新しいバッテリをつけ、コネクタを指し、ネジを締めたら出来上がり。それだけ。

 

「充電回数 1」になってた。よし。いいよ。これで、とりあえず外出先で使えるMacBook Proなっていただけた。あ、そう言えば余ったメモリ2個、2GBが2枚あったんだった。4GBを新たに2枚買って8GBにしたんだけど、処分した結果、1枚1500円で売却できました。

 

外した方の、こういう、ダメバッテリーって、売れんのかな…

 

 

バツ&テリー 第01巻 (リマスター版)