86

8.6秒バズーカの「ラッスンゴレライ」が本格的に爆発しているようなので、いよいよこれから、興味を持つ人が増えてくる。もうすでに飽きてきた、という人、それは、「見過ぎ」だwww

こういうネタは、「声」にかかっている。声が潰れ、トーンがおかしくなると、面白さは半減する。
そのあたりに注意しながら見ると、趣深いものになるかもしれない。

 

ここに簡単に文字起こしをし、軽い分析をしてみたいと思う。
その前に。
8.6秒バズーカというコンビは、

はまねやん(シモ手・左)と、

田中シングル(カミ手・右)の二人。

 

ラッスンゴレライは、「基本バージョン」と、「派生バージョン」があり、入れ替え可能なカートリッジ化に成功している。

 

以下に、基本的なラッスンゴレライを記す。
セリフ(歌詞)の色は、上記のお二人のお名前の表記色に準ずる。

 

————————————————–

8.6秒バズーカです!

お願いします!

ラッスンゴレライ!

え?え?なんて?

ラッスンゴレライ!フー!
ラッスンゴレライ!フー!
ラッスンゴレライ説明してね

いや、ちょと待ってちょと待ってお兄さん 
ラッスンゴレライってなんですの?
説明しろと言われましても意味わからんからできませ~ん

ラッスンゴレライ!フー!
ラッスンゴレライ!フー!
昨日の晩飯、ラッスンゴレライ

いや、ちょと待ってちょと待ってお兄さん
ラッスンゴレライって食べ物なん?
晩飯言うてもジャンルは広い
肉・魚・野菜どれですの?

ラッスンゴレライ!フー!
ラッスンゴレライ!フー!
飼ってる犬がラッスンゴレライ

ちょちょちょちょと待ってちょと待ってお兄さん
嘘はついたらいけません
飼ってる犬がとか言うてたけどもお兄さん犬飼うてへんやん

ラッスンゴレライ!フー!
ラッスンゴレライ!フー!
キャビア、フォアグラ、トリュフ、
スパイダーフラッシュローリングサンダー!

いや、ちょちょちょっと待って、お兄さん!
ちょちょーっちょー、お兄さん!
ラッスンゴレライちゃいますのん?
意味わからんからやめて言うたけど、もうラッスンを待ってマッスン

スパイダーフラッシュローリングサンダー
スパイダーフラッシュローリングサンダー
電車に乗るときスパイダーフラッシュローリングサンダー!

いやちょちょちょちょちょっと待って、お兄さん
ちょーっちょう お兄さん
だからラッスンゴレライ言うてえなあ

ラッスンゴレライ!フー!
ラッスンゴレライ!フー!
サウジアラビアの父さんインドから来たお母さん
間に生まれたお前の名はラッ・スン・ゴレライ

ちゃうちゃうちょと待ってちょと待ってお兄さん 
俺サウジインドのハーフちゃう
日本の父・日本の母 間に生まれし俺はジャパ二ーズピーポー

ラッスンゴレライ!フー!
ラッスンゴレライ!フー!
オーミッキーユーソーファイン
ラッスンゴレライ

へいへいなに言ってんのよお兄さん
オーミッキーユーソーファインてもしかして?
オーミッキーユーソーファインユーソーファインヨマママ
ヘイミッキー

ヘイ!ヘイ!

ヘイミッキー

ヘイ!ヘイ!

オーミッキーユーソーファインユーソーファインヨマママ
ヘイミッキー

ヘイ!ヘイ!

ヘイミッキー

ヘイ!ヘイ!

歌ってみたけどラッスンわからん

絶対教えんラッスンゴレライ

ちょと待ってちょと待ってお兄さん 

あーしたー(ありがとうございましたー)!

ちょと待ってちょと待ってお兄さん 

あーしたー(ありがとうございましたー)!

 

 

おわり

 

————————————————–

テレビなどでは、時間の都合かほとんどの場合、オーミッキーユーソーファインからの下りは省略しているようだ。

では、「南国バージョン」。←バージョン名は便宜上、勝手につけた。
これは、色分けなしとする。

————————————————–

8.6秒バズーカです!

お願いします!

ラッスンゴレライ!

え?え?なんて?

ラッスンゴレライ!フー!
ラッスンゴレライ!フー!
ラッスンゴレライ説明してね

いや、ちょと待ってちょと待ってお兄さん
ラッスンゴレライってなんですの?
説明しろと言われましても意味わからんからできませ~ん

ラッスンゴレライ!フー!
ラッスンゴレライ!フー!
楽しい南国、ラッスンゴレライ

いや、ちょと待ってちょと待ってお兄さん
ラッスンゴレライってリゾートなん?
でも南国言うてもいろいろあるよ
バリ・グアム・ハワイどれですの〜ん

ラッスンゴレライ!フー!
ラッスンゴレライ!フー!
彼女と車でラッスンゴレライ

ちょちょちょちょと待ってちょと待ってお兄さん
嘘はついたらいけませ〜ん
彼女と車とか言うてたけども
彼女おらんし車ないや〜ん

ラッスンゴレライ!フー!
ラッスンゴレライ!フー!
キャビア、フォアグラ、トリュフ、
スパイダーフラッシュローリングサンダー!

いや、ちょちょちょっと待って、お兄さん!
ちょちょーっちょー、お兄さん!
そこラッスンゴレライちゃいますのん?
意味わからんからやめて言うたけど、もうラッスンを待ってマッスン

スパイダーフラッシュローリングサンダー
スパイダーフラッシュローリングサンダー
電車に乗るときスパイダーフラッシュローリングサンダー!

いやちょちょちょちょちょっと待って、お兄さん
ちょーっちょう お兄さん
だからラッスンゴレライ言うてえなあ

スパイダーフラッシュローリングサンダー
スパイダーフラッシュローリングサンダー
サウジアラビアの父さんとインドから来たお母さんの
間に生まれたお前の名はラッ・スン・ゴレライ

ちゃうちゃうちょと待ってちょと待ってお兄さん
俺サウジとインドのハーフちゃう
日本の父・日本の母 間に生まれし俺はジャパ二ーズピーポー

飽きたからこれでもう終わり

あーしたー(ありがとうございましたー)!

ちょと待ってちょと待ってお兄さん

あーしたー(ありがとうございましたー)!

おわり
————————————————–

おわかりになっただろうか。
カートリッジ化、の意味が。
要するに、「歌の2番の歌詞」のように、同じメロディーに入れる言葉を変えるように、キーワード部分が入れ替えてあるのだ。

基本バージョンの「昨日の晩飯」が「楽しい南国」に。
「肉・魚・野菜」が「バリ・グアム・ハワイ」に。

この感じでいくと、「痛めた関節」とかでもいける。
「肘・膝・腰骨どれですの〜ん」とか。

そういう目で見ると、効率良く、横並びが作れるようにできている。

つまり、「基本バージョン」で、グリーンで示した部分が、組み替え可能になっているのです。

 

これが、ダウンタウンの松本人志氏が

「これは“曲”ですよ。」と言った、真意。

これを、1度の視聴で喝破するとは、さすがだ。

 

「乗り物バージョン」。←バージョン名は便宜上、勝手につけた。
組み変わっている部分だけを、グリーンで示すことにしよう。

————————————————–

8.6秒バズーカです!

お願いします!

ラッスンゴレライ!フー!
ラッスンゴレライ!フー!

ラッスンゴレライ説明してね

いや、ちょと待ってちょと待ってお兄さん
ラッスンゴレライってなんですの?

ラッスンゴレライ!フー!
ラッスンゴレライ!フー!
移動は必ず、ラッスンゴレライ

いや、ちょと待ってちょと待ってお兄さん
ラッスンゴレライって乗り物なん?
でも乗り物言うてもいろいろあるよ
バス・電車・ラクダどれですの〜ん

ラッスンゴレライ!フー!
ラッスンゴレライ!フー!
毎日ジムでラッスンゴレライ

ちょちょちょちょと待ってちょと待ってお兄さん
嘘はついたらいけませ〜ん
毎日ジムでとか言うてたけども
お兄さんむっちゃ太ってる〜

ラッスンゴレライ!フー!
ラッスンゴレライ!フー!
サイン、コサイン、タンジェント
スパイダーフラッシュローリングサンダー!

いや、ちょちょちょっと待って、お兄さん!
ちょちょーっちょー、お兄さん!
そこラッスンゴレライちゃいますのん?

スパイダーフラッシュローリングサンダー
スパイダーフラッシュローリングサンダー
電車に乗るときスパイダーフラッシュローリングサンダー!

いやちょちょちょちょちょっと待って、お兄さん
ちょーっちょー お兄さん
だからラッスンゴレライ言うてえなあ

スパイダーフラッシュローリングサンダー
スパイダーフラッシュローリングサンダー
寝る前必ずスパイダーフラッシュローリングサンダー

いやちょちょちょちょっと待ってちょと待ってちょと待って
ちょちょちょっと待って、ちょと待て
ちょちょちょちょっと待って お兄さん!

ちょっーちょう、お兄さん
いやもうスパフラロリサンようわからん

スパイダーフラッシュローリングサンダー
スパイダーフラッシュローリングサンダー

ウズベキスタンのじいちゃんアルゼンチンのおばあちゃんの
間に生まれたお前の親父はラッ・スン・ゴレライ

ちゃうちゃうちょと待ってちょと待ってお兄さん
親父ウズベアルゼのハーフちゃう
日本の祖父・日本の祖母 間に生まれし親父ジャパ二ーズピーポー

飽きたからこれでもう終わり

あーしたー(ありがとうございましたー)!

ちょと待ってちょと待ってお兄さん

あーしたー(ありがとうございましたー)!

おわり

————————————————–

ご理解いただけたかと思う。

この「効率よく横並びが作れる」というのは、今、テレビなどのメディアに恐ろしいほど露出している彼らが、少し落ち着いたとき、またはパタッとテレビで見なくなったとき、地方を回る余興(営業)で、その地方の名物や景勝地について、このパターンを当てはめることでネタを量産できるのだ。

これは、強い。

平成生まれだという、コンビ結成10ヶ月の脅威の「8.6秒バズーカ」。

彼らには、ものすごい可能性があると思う。

こういうネタの爆発力は、そのテンポとも関わってくる。
たとえ、どんな音楽であっても、このテンポに、老人はついていけない。

若い感性しか、これを「すごくおもしろい」とは認めることができないのだ。
おそらく、普通の40代、30代、でももう無理だろう。

で、だ。

このテンポ、参考にしたサイトには「BPM170」、と書いてあったが。
ttp://ohgara.com/post-398/

そして「日本の父・日本の母」の時だけバックビートになるあたり、若い感性って恐ろしいww
いや、カミ手の「田中シングル」のセリフは、ほぼすべて「裏」から始まっている。

このあたりが、「マネしたくなる要因、になっている。

 

要するに、マネすると気持ちイイ。

いろんな芸人が羨望とともに嫉妬の眼差しを向けているのが手に取るようにわかる。

何度言ってもいいだろう。
彼らには、ものすごい可能性がある。

彼ら自身は、そんなこと言って欲しくもないかもしれないが、ネタの展開しだいで、「第二のテツ&トモ」化が図れる、唯一のリズム(歌ネタ)コンビではないだろうか。

 

 

 

ああ、辞めなければ、ね。