知ってる?
Roen(ロエン)って。
ああ、あの感じ…というイメージ、持ってる人は多い。

確かに、ミュージシャンからは圧倒的な支持を得ているようだ。
あと、六本木を歩いてるとRoen着た人、よく見る。

多数のミュージシャン、タレントより圧倒的支持を誇るRoen(ロエン)。

ブランドコンセプトは、「始まりも終わりも無い、流行の物にとらわれる事なく自分達が感じる“今”にこだわる。」

気高さと無骨さが協和音を奏でる、Roenの世界。

生まれてから死ぬまでの時間、
常に骨をまとい毎日を歩み続ける人々へ、
生活に関わる全てをファッションと捉え、
具現化したRoenというブランドを送る。

そこに関わるすべての物に狼煙“NOROSHI”をあげる。

だそうだ。

最後の一文だけよく意味がわからないが、とにかく意気込みがすごいのだ。


Roenは、数々のコラボでその名を知らしめてきた。

ウォルトディズニー社とコラボレーション開始『MICKY_Roen』(2004年)
ワーナー・エンターテイメント・ジャパン社とコラボレーション開始(2005年)
映画『クローズZERO』衣裳製作提供(2008年)
スクウェア・エニックス『FINAL FANTASY VERSUS XIII』衣装デザイン(2008年)
映画『ドロップ』衣裳製作協力(2009年)
SonyEricsson[XPERIA]のケースデザイン、コラボレーションスペシャルVer.を発表(2010年)
GACKT氏とのコラボレーションを発表(2011年)
Sakhr br Roen コラボレーションブランド発表(2012年)
MONSTER HUNTER 4 × Roenコラボレーションを発表(2013年)
[VAMPS HYDE]氏とのコラボレーションTシャツを発表(2014年)
サンリオ社と[HELLO KITTYxRoen produced byHIROMUTAKAHARA]を発表(2015年)

そんなに簡単にはコラボ企画が通らなさそうな相手(企業)ばかりだ。
いかにその体制やバックボーンが、信用・信頼されているかがわかる。

公式に、「Roen(ロエン)に魅せられた」と公言している方たちの、コメントがこちら。

VAMPS HYDE

 HYDE(VAMPS)
「僕にとってのRoenはひとつのチームのような仲間みたいな存在」

 

LUNASEA INORAN

INORAN(LUNASEA)
「自分と一緒に過ごしてきたブランド。ファッションと人の気持ちを感じ取れる。それがRoen」

 

GLAY HISASHI

HISASHI(GLAY)
「いつの時代でも古さを感じさせない そして、そこにクリエイターの強さがある」



BREAKERZ DAIGO北川景子

DAIGO(BREAKERZ)
「変わらないかっこよさ。そして、自分に自信を持てるファッションかな」

 

GRANRODEO KISHOW

KISHOW(GRANRODEO)
「ここぞ!というときに、“Roen”っていう孤高のブランドを着て出掛けた!」

 

レーサー 小林可夢偉

小林可夢偉(レーサー)
「遊びも仕事も全力で楽しみ、自分らしい生き方を忘れない。そんなブレない大人でありたい」

 

ソロアーティスト・ダンサー 三浦大知

三浦大知(ソロアーティスト・ダンサー)
「ロックミュージシャンはもちろんダンサーにもハマるデザインでクリエイティブに着こなせる」

 

THE ALFEE 高見沢俊彦
高見沢俊彦(THE ALFEE)
「パンパイアのスカルが好き これほどロックテイストなブランドは見たことがない」

 

 

あと、愛用者として、
X JAPANのYOSHIKI、
元SMAPの中居正広、木村拓哉

など、錚々たる顔ぶれ。

いや、でも、値段・ビジュアルとも、ハードル高ぇんだわ…www