歌舞伎のタイトルになりそうだぜ。
「首都高速料金値上地獄」

cvg

 

衝撃画像ww

 

900円 → 1300円。

 

ノーノー、違うのだ!!!

 

 

300円 or 1,300円。

 

 

これが本当。

今年4月、「首都高速」が値上げ。

ETCなら300円でいいのに、あなたは1,300円払うの?って話なのだ。

 

●ETC利用→300円

●男はだまって現金払い→1,300円

 

男バカにすんなよww??

アホでしょ、これ。

田舎から出てきてなにも知らずに高速乗った、「1回だけ」でしょ、この支払いしてもいいのは。
このミスが許されるのは。

でも、実際に起こることなのだ。

 

300円で済むのに、1300円も払う修羅。あほでしょ。



NEXCOのサイトには、こう書いてあった。

首都高は、平成28年4月1日午前0時から新たな料金体系に移行します。
ETC車の基本料金は、普通車の場合、現行の「6km毎の料金距離に応じて加算される料金体系」から、「0.1km毎の料金距離に応じて10円単位で加算される料金体系」になります。なお、激変緩和措置として上限及び下限料金を設定しており、普通車の場合、上限料金は1,300円、下限料金は300円となります。現金車は、普通車の場合、一部の区間を除いて1,300円をお支払いいただきます。
また、車種区分は現行の「2車種区分」から「5車種区分」になります。

 

値上げ、マジなんだね…ww

要するに、「区間制」ってこと。

たとえば

本町 → 入谷

永福 → 高井戸(中央道接続)

杉田 → 並木(横浜横須賀道路接続)

新都心 → さいたま見沼

 

なら。

300円。

ETCならね!!!!

 

な、なのに、現金払いはいつでも「最大料金」。

1300円になる。

 

本町 → 入谷の3.7km乗るだけで、1300円!

 

ETCカード利用なら、区間により金額が決まるってこと。
クレジット会社で、ETC作るの断られた「会社作った人」または「個人事業主」、一度チャレンジしてみてはいかがでしょう?