038

 

男性の方には、ほとんど理解のないPMS

PMSってなに???

と、まだまだ男性には知られていないはず。

月経前症候群」と呼ばれるこの症状、別名は「月経前緊張症」。
げっけいぜん、と読むようです。
英語で

PreMenstrual Syndrome」。

頭文字をとってPMS、というわけです。

生理が始まる前、 女性にはさまざまな症状が去来するようです。

 

地獄のPMS

むくみ・腹部の膨満感・乳房の緊満感。
頭痛・腹痛・腰痛食欲不振・めまい・倦怠感。
情緒不安定・抑うつ・不安・睡眠障害。

これが、毎回(毎月)くるんですよ。地獄です。

毎回くると知ると、よけいに憂鬱になる。
誰ですか、「男女は平等な」なんて言ってるのは。
女性の大変さは、男みたいに単純に平板にフツーに、なにごともなく生きているような下等動物には、わからないのです。

苦しいですよ、しかも「生理なんで…」とは言えても「生理前なんで…」とは、なかなか言い出しにくい。

PMSを含めると、「生理休暇」は、もっと長くてもいい。
下手すると1ヶ月の半分は、いたわってあげないといけない。

軽い時も重い時もあるそうですが。

 

これ、

女性側からすると、

・泣きたくなるほど心が乱れて周囲に申し訳ない
・急に集中力が無くなり、仕事に支障が出る
・睡眠不足が続いてふらふらする
・体全体がパンパンで疲れやすい
・カサカサ、ぶつぶつで外出したくない
・自分がポンコツで嫌になる

という感じだそうです。

 

かわいそうに。苦しいよね。

こういうの、他人にはわかってもらえない、というか言えないから、黙って耐えるしかない。

頼れるのは身内だけだけど、男性には理解が無い。
別に怒りたくて怒ってるんじゃないのに、ああもう、イライラするし、ふらふらするし…。

これ、はっきりした原因は不明ながら、やっぱり「排卵」がその理由ですよね。

生理ということは、つまり「あ、使わなかったのね」という卵と床が、剥がれて排出される現象なんでしょうから(曖昧w)、その過程がうまく、きれいに進行しないことで、身体的・精神的な負担になっていく。
ホルモンのバランスが崩れることで起こるんでしょう。

ありえますね。

 

お互いに、どうすればいい?

 

男性はまず、「PMSという症状がある」ということを知っておくことです。

そして、パートナーなら、その時期になったら

「過剰とも言えるほどにいたわってあげる」ことが大切。
女性からしてみれば、上に書いたような症状は、自分ではコントロールできない感じだからです。

女性は、「PMSという症状がある」ということを、パートナーにきちんと告げておくことが大切です。

余計な争いに発展させないために、理解を得る努力は必要でしょう。

 

念のために言っておきますが、これは

「PMSじゃない時」にやっておかないと喧嘩になりますww

 

 

重要な、楽しみな予定があるのに、PMSのことを考えるだけで嫌な気持ちになる…

こんな人生、絶対楽しくない。

パートナーの理解と、スッポンゼリー。

急に宣伝みたいにwww

そんな時は、すっぽんゼリーwww
いや、偶然見かけて、

そういえばPMSって…と、前から聞かされてたことと喧嘩の経験からww、

「こういうのあるんだ今」という驚きついでに、

紹介する気になったというだけです。

 

 

つるっとしたフルーツゼリーに仕立ててあるそうです。詳しくは説明ページを読んでいただくくとして。

意外に「女性同士のプレゼント」として使えるのかもしれませんね。

 

男性からすると「なんでそんな値段なんだ」って思いますけどw、

 

これも、まぁ、そういうものなんでしょう(曖昧wwww)。

 

 

すっぽんジェンヌ