管理栄養士と美容皮膚科医共同開発【7daysカラースムージー】100円モニター

L’EPILOGUEに見る、皇帝・氷室京介の肯定

【Amazon.co.jp限定】L'EPILOGUE <通常盤>(Live写真クリアファイル(A5サイズ)(Amazon Ver.)付き)

4月〜5月の「LAST GIGS」を控え、ベストアルバム、「L’EPILOGUE」が発売されています。

歴史を網羅した、という触れ込みで、なんとBOØWY時代の楽曲を再録したとのことで、色めき立った人も多いでしょう。

 

 

BOØWY時代の楽曲から始まるDisc1、
ソロデビュー作「ANGEL」から始まるDisc2、
そしてライブ音源が収録されたDisc3。

 

 

やはりここ最近の作品の中でも、もっとも耳目を集めるのはDisc1だと思われます。

そのラインナップは…

【CD1】
01. ミス・ミステリー・レディ【BOØWY】
02. 黒のラプソディ【BOØWY】
03. “16” 【BOØWY】
04. CLOUDY HEART【BOØWY】
05. わがままジュリエット【BOØWY】
06. WARRIORS
07. Silent Blue
08. MONOCHROME RAINBOW
09. FOLLOW THE WIND
10. So Far So Close
11. ONE LIFE
12. FUNNY-BOY【BOØWY】
13. 唇にジェラシー【BOØWY】
14. WILD ROMANCE
15. REVOLVER

【CD2】
01. ANGEL
02. DEAR ALGERNON
03. LOVER’S DAY
04. SUMMER GAME
05. MISTY~微妙に~
06. JEALOUSYを眠らせて
07. CRIME OF LOVE
08. KISS ME
09. VIRGIN BEAT
10. STAY
11. 魂を抱いてくれ
12. NATIVE STRANGER
13. ダイヤモンド・ダスト
14. SLEEPLESS NIGHT ~眠れない夜のために~
15. BANG THE BEAT
16. IF YOU WANT

【Live CD】(初回生産限定盤特典)
01. B・BLUE【BOØWY】
02. Claudia
03. LOVE & GAME
04. Bloody Moon
05. HEAT
06. Girls Be Glamorous
07. TO THE HIGHWAY【BOØWY】
08. PLASTIC BOMB【BOØWY】
09. MARIONETTE【BOØWY】
10. ONLY YOU【BOØWY】
11. SWEET REVOLUTION
12. CALLING
13. SQUALL
14. WILD AT NIGHT
15. The Sun Also Rises

です。まぁ、3枚目のライブは良いとして。

 

 

Disc1の選曲!!

01. ミス・ミステリー・レディ【BOØWY】
02. 黒のラプソディ【BOØWY】
03. “16” 【BOØWY】
04. CLOUDY HEART【BOØWY】
05. わがままジュリエット【BOØWY】
12. FUNNY-BOY【BOØWY】
13. 唇にジェラシー【BOØWY】

 

これら、BOØWYの楽曲の中で、氷室京介が「作曲も」してる曲なんです。

ほとんどの作曲は布袋さんが担当していたBOØWY。

両人ともが曲を作ってたんですね。

 

 

なかでも

05. わがままジュリエット

は、

当時、山下久美子さんと結婚し、ぞっこんだった布袋さんが、あまりにもBOØWYをほったらかしにするため、ヒムロックが「よし、じゃあ俺が」と機材を一気に揃えて作った曲だ、と伝わってますね。

 

 

あとは、

12. FUNNY-BOY
13. 唇にジェラシー

やっぱり初期の曲が多い。
おそらく、10代の頃に書き上げた曲だと思われます。

メロディという点で、BOØWYの中では歌謡曲っぽい。
そのあたり、捉え方次第では「歌謡ロック」の範疇に入れられてしまいかねなかったメロディと詩。
そしてヒムロックの歌唱力。

それを、見事にロックに仕上げているのは、やはり布袋さんのセンスなのでしょう。

 

 

特に、

12. FUNNY-BOY

この曲には、「こんな曲をどうやってロックにするのさ…」的な苦労の跡が偲ばれます。

 

現在の歌唱で再録されたBOØWYの曲たち。
誤解を恐れずに言えば、当時のオリジナルに比べると、ボーカルが「ねっちょり」聴こえますw

歌い方もさることながら、ボーカルにリバーヴがかけてありますね。

楽曲の、音色のすさまじい再現性から比べると、違和感を感じるのも当然のことでしょう。

 

03. “16”

に限って言えば、そもそも歌えない量の歌詞が入れ込んであるわけです。
歌詞を改変して、歌いやすく仕上げて再録してありますが、
そういう「いってしまえ!」的な若いノリ、みたいなものが、やはり昔はあったんですね。

だからこそ、そういう刹那的な美しさに、われわれは燃えた。
そしてその刹那主義は、あの絶頂での解散につながっていったということなんでしょう。

 

 

個人的には、リミックスされた

08. MONOCHROME RAINBOW
09. FOLLOW THE WIND

に注目しています。
Follow the wind (CCCD)

 

確かアルバム『FOLLOW THE WIND』は、
当時吹き荒れたコピーコントロールの嵐の影響を受けています。

CCCD、というやつ。

「あれはCDではない!」とう意見もあるくらいで、
今やなんのことかわからない仕様ですねwww

 

 

この2曲を含めて、

BOØWYの曲を除けばDisc1、少し不思議な選曲だなぁという印象はあります。

 

 

 

 

それにしたて、すべてが10代の衝動から繋がっているようなベスト盤。

今までに出たベスト盤から比べても、やはり「エピローグ」と銘打つだけに、内容は異色中の異色。

 
氷室京介 25th Anniversary BEST ALBUM GREATEST ANTHOLOGY(初回限定盤)

20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN'ON~ALL THE-S-HIT~

 

個人的には、氷室京介のヒストリーを聴いてきた者としては、
その「マスタリング」や「アレンジ」の多様さと移り変わりに、心が軋みます。

4月下旬から始まる「LAST GIGS」。

会場は、熱狂より悲哀、興奮より愛惜に、みち溢れるのではないでしょうか。

 

 

 

コメントを残す

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

このページの先頭へ