My Heartful Best~松井五郎コレクション~

2016年の初頭に巻き起こったSMAP解散騒動は、人気タレントに持ち上がったニュース、という範疇に収まらず、国民的アイドルの、奴隷的な扱いと所属事務所との力関係、というような、国際的に注目を受けてもいいような労働問題として、たくさんの人々の心に「なんとなく暗い陰」として残ってしまいました。

プロフェッショナルであるスマップの活動には何らの陰影もなさそうに見えたのですが、長年のウォッチャー(ならびに熱狂的ファン)には、そうは映っていなかったようです。

中でも「ビストロスマップ」での様子はつとに有名だったらしく、これは、修復可能な状態ではない、という噂は、まことしやかなものに育ってしまっていたようです。

 

半年を経て。

「年末に解散」という選択をしたことが真夏の真夜中に発表され、やはり少なからずショックを受けましたね。

前日に、サイゾーウーマンが「飛ばしか!?」と言われた記事を発表し、「本当?」「嘘でしょ?」という話題を提供していました。

 

SMAP、明日14日に「解散」発表! 歴史に幕を下ろす
http://www.cyzowoman.com/2016/08/post_21342.html

 

本当だったんですね。

わずか5人しかいない、しかも25年のキャリアを経てもまだ、「解散しか手段がない」と無念のコメントを出すしかないほど、関係ってコジれるものなのですね。

 

解散しても、個人個人の活動にはいささかのブレもないようには、感じますけれど。それが救いですよね。

メンバーの才能と努力には、何の汚点もない。

 

熱心なファンの間では、「300万枚活動」が行われており、事実、Amazonその他のネットモールでは、SMAP作品が軒並み上位に顔を出しております。

 

すごい。

これとか。

 

 

これまでww!!

死んだ名人の作品でもこのスピード感はない。

 

今年は、有名なライブも開催されない見通しの様子ですし、作品を愛でるしかないですね。

この4か月(大晦日に解散だから。紅白はない!?)ほどの間は、メンバー5人は芸能界全体に、凄まじいプレッシャーをかけ続けながら活動することになります。

 

なぜなら、

「解散とかには触れないで」というお願いが発せられるだろうからです。

4か月程度の間なら、マスコミ・視聴者・共演者・制作が許されるなら「解散の真相」を聞き続けたいはずです。

それやってたらSMAPの仕事にならない。

だから箝口令、というか、NG扱いされる。

 

 

当人たちも、相当に苦しい4か月でしょう。
海外へ逃げたい、とくらい思っても当然です。

逃してあげましょう。

「キムタク=悪」の構図にもの申す 木村拓哉「SMAP解散」コメにファン痛切
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160814-00000001-jct-ent

SNSなどのネット上だけでなくとも、テキトーな推論を並べて「誰が悪いか」っていうのを言ってる人らは、それだけでそーとー頭悪く見えてますんで、そこのところ、気付いたら注意してあげてください。