cdsaq

結局のところ、「クーラー」は付けっぱなしが得なのか?どうか?

これ、実証してみました。

意見としては理解していても、なかなか「つけっぱなしで外出する」を毎日できる人は多くなさそうです。

いわんや「MOTTAINAI」、その通りです。

 

ではもったいない、のは一体なにか?

電気に使われる資源か!?
自らのフトコロから出て行くお金か?

ここに関わってくるんですが、地下資源うんぬん言っている人が石油王ばりの大金持ちだった試しはあまりなくw、つまり「もったいない」なんて地球規模の愛を語るわりには実は「電気代高くなる〜」という何百何十円レベルの心配の方が優っているという矛盾している状態。

 

電気代が安く済む、ということは電気使用量も少なくて済むわけで、結局は地下資源(つまり石油とか)の減りにも貢献できるんじゃないでしょうか。

 

まぁ、そんなことはとりあえずどうでもよくww

 

やはり世代によっては、エアコンを「かなり贅沢なモノ」と見なしすぎているきらいがあり、真夏の日中でも全く使わず、窓を
開けて扇風機を回し(これはMOTTAINAIとは思わないらしい)、テレビで「熊谷40度」などの報道を毎日のように見続けて「アヂィ〜〜〜」と言い続ける、のを風物詩として楽しんでいるようにも見えます。

 

死にますよ。

職場でも、「設定28度」をキープするという愚直さを励行しているところがあるそうですが、あの「設定28度」というのは、部屋の隅々までをも28度にする、というものらしく、そうなると、エアコンの設定が28度ではそれは達成できないんです。

せめて26度くらいの設定にしないと、部屋の隅々は28度にならない。

暑いな…と袖をまくり汗をぬぐい、節約を強いられて生産性を下げている。
それって節約、と言えるのでしょうか。

 

家庭のエアコンで、やってみました。

2016年7月8月は、エアコンつけっぱなし!!!

完全につけっぱなしにしてみました。

 

エアコンメーカーのDAIKINに、こういう調査があります。
http://www.daikin.co.jp/press/2016/160812_2/

 

このサイトでは、9:00から23:00まで「つけっぱなし」にしたエアコンと、30分間隔でON/OFFを繰り返したエアコンの消費電力量を比較。

その結果、日中9:00~18:00までの時間帯は、30分間であれば、エアコンを切らずに「つけっぱなし」にする方が電気代が安くなったそうです。

9:00~18:00の外気温が高いので、その効果が大きいんですね。

18:00~23:00は、こまめに入り切りの方が電気代が安い、という結果も出ているようです。

とはいえ、7月8月は、夜だって暑い。
寝苦しすぎると睡眠に支障が出まくります。
そうなると、昼間の働きにも明らかに影響が及びます。

 

2015年は、従来の「こまめ入り切り」をやってました。

上のような大手メーカーのデータを見ると、
「1か月つけっぱなし」にはかなり度胸がいることがわかります。

もし、「こまめ入り切り」の方が安かったら…
2016年8月の電気代は、もはや原付バイクが新車で買えるような領域に…

 

賭け、ですよww

まずは、2015年8月の電気料金の領収証をご覧ください。

(2015年7月21日〜8月20日)

IMG_1627

 

そして、今年、2016年、1か月、24時間エアコンつけっぱなし!!!

を実施した結果が、こちらです。
(2016年7月21日〜8月21日)




IMG_1663

 

 

1698円安い!!!!

内訳にはいろいろあるでしょうが、何はともあれ、1698円安かったのです。

 

cdes

何だよ、たったそれだけ…!?

とか、思いました?

「半額!!」とかっていうわけにはいかないみたいですけどね。

 

でも、ちょっと待ってください。

100円「高い」、とかじゃないんです。
10円「高い」、とかじゃないんです。

「24時間つけっぱなし」の方が、
安 か っ た ん で す !!!

「こまめにオンオフ」の代わりに、「ちょっと工夫してオンオフ」とかじゃないですよ。

「24時間つけっぱなし」、です。

「つけっぱなし」、ということは、「あっ、エアコン切ったかな!」というようなことが、1回もありません。

「つけっぱなし」、ということは、家にいる間じゅう、「暑いな…」とかいうことが、1秒もありません。

「つけっぱなし」、ということは、「寝苦しいなぁ…」とかいうことが、1夜もありません。

ずーっと快適なまま、全く気にせず、こまめにオンオフして「節約節約…」と言ってる人よりも、1698円も安いのです。

だから、たとえ「10円しか安くならないのか…!」ということになっても、その快適さは、10円では買えないのです。

 

ここを、理解していただきたい。

「つけっぱなし」で快適なら、10円程度なら、「高くなっても構わない」とすら、思いません???

安く済むってすごくないですか?

これ、驚愕の事実です。
もちろん、地域やエアコンそのものの機器の差はあると思います。

ウチはそうだったんだから仕方がない。としか言いようがないという部分もあるので、「マネしたけど高くなったじゃねーかコノヤロー!」とか言われても「知らん」としか言いようがないんですけどね。

あとは、冒頭にも申しました「MOTTAINAI」という価値観との戦い。

これ、「暑い〜」と夏の間じゅう言い続けて、アイスを食うやら清涼飲料水を飲むやらかき氷を買うやら、体に悪い方向へばかり進んで医者にかかることになるのと、どっちがエコなんでしょうね。

それを考えると、エアコン付けっぱなしは、完全に「知恵」の範疇に収まるライフハックだなぁ〜と思いました。

来年も、10円でも安くなるなら「24時間つけっぱなし」を敢行するつもりです。

 

それによるメリットは、10円どころではないから、ですよ。

昨今は電力自由化もあって、好きな電力会社を選べるようにもなりました。

比較すると、「おや…今、ひょっとしてボッタクリなの…か…?」と眉をひそめざる結果になったりして興味ふかいです。

年間、15000円安くなったりもします。
あとは「面倒くさい」の壁。
日給15000円だ、と思えば、全然できますけどね。

 

比較するだけなんで、お試しアレ。↓

 

 

 

 

 

 

電気利用料金が高い方はこちら