ゴジラ対メガロ 【60周年記念版】 [DVD]

ドリフのコントのような設定(海底王国)くらいを出さなければ、もはや怪獣インフレにはふさわしくない、といういわば非常事態ww

メガロって、このパッケージにあるロボットの名前じゃなかったんですね。

 

ロボットの名前は「ジェットジャガー」でした。

なんとなく「スペクトルマン」的な、ヒーロー要素をとうとう怪獣映画に入れ込んできたな!という苦肉の索感がヒシヒシと感じられます。

そして昆虫型のメガロ。
インパクトとしてはどうしても、バルタン星人には勝てない感じがしますが。

敵の援軍としてガイガンが宇宙から召喚されるんですが、よく考えたらゴジラの吐くのは「放射能火炎」。
ガイガンて、もっとすごい放射線を生身で浴びながら地球へ来てるんだから、あんなの効くはずないんですけどね…。

 

どうも、なんかこの作品、妙にカースタントに力入れてませんw?
モータースポーツが盛り上がってきた、っていう時代的な背景もあるんでしょうか。

 

野望を抱く海底王国は名を「シートピア」。

なかなか可愛い名前ですね。
思えば、神戸で行われた「神戸ポートアイランド博覧会」は1981年。
通称「ポートピア」まで、あとあと8年もある時代なんですね。

ポートピアね。犯人は「ヤス」です。

 

驚愕ですが、エンディングは「ジェットジャガー!」みたいな、ジェットジャガーの歌で終わります。

戦いの終わりには巨大化したジェットジャガーとゴジラが政治家みたいに握手してるし、ゴジラはこの時点ですでに怪獣ではなく「怪人」と化しているww

トカゲのおっさん的なww

 

今後、どうなるんだろう、と心配になります。
いや、この作品の興行収入が凄まじく低いのもうなづけます。
だってこれ、もうゴジラ映画じゃないもんwww

 

ゴジラ全作品、Huluにあります。

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中