ゴジラvsキングギドラ 東宝DVD名作セレクション

前から思ってたんですけど、たま〜に当ブログに来て、ぜーんぶの記事に「★1つ」の評価をして回る人がいるんですね。お疲れ様です。このブログが気になるんですか。いいですね、時間があってw

 

ゴジラも90年代に入り、複雑な設定が駆使されるようになってきました。

過去、キングギドラは金星方面で暴れる謎の怪獣の側面があったり、割とゴジラにぞんざいにやられてしまう悲しい能なし三つ首トカゲ、だったのですが。

今回は、重要な歴史上のポイントとして扱われています。

23世紀からタイムスリップしてきた連中。
原発をゴジラが破壊して、未来には日本はもう崩壊しているという(これは嘘だった)。

太平洋戦争当時、南の島には恐竜が生きていて、ビキニ島の核実験でそれがゴジラになった、という新しい設定がセッティングされました。これはすごい。

その、元の恐竜を殺せば、ゴジラが生まれることはない、と。
だから1944年に行こう、と。

最初、未来人は「今生きている人を過去に同時に存在させることはできない」とかいろいろ言ってたんですけどなんか後半には「死んだキングギドラを未来へ持ち帰ってサイボーグ化してもう一回連れてくる」と言って実行してしまいます。

タイムパラドックスみたいなことを考えるのを億劫にすらさせてくれる超展開。
で、「実は未来の孫だったのよ」的なことを言いながら去っていく未来人。

 

未来人、そして戦争当時のアメリカ将としてチャックウィルソン、ケントデリカット、ダニエルカールなど、活躍する外国人タレントさんが出ています。

中でも未来からの飛行隊を見たケントギルバートが、部下のダニエルカールに「子孫に伝えてやれ、スピルバーグくん」的なことを言い、彼がのちに「未知との遭遇」を作ることを示唆している。

そんなエピソード、あるんですかね。

と思ってスピルバーグ監督のプロフィール見たら1946年生まれだったww

 

 

 

Huluにゴジラ、すべてあります。

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中