よく、テレビを批判するのに「視聴率という、非効率な数字に頼っている」的な言説がある。

そんな少ない世帯調査で、何がわかるのか、と。

昔はビデオリサーチと、ニールセンという会社が調査していたそうで、今は外資であるニールセンが撤退し、ビデオリサーチ社の独占市場。

http://www.videor.co.jp/data/ratedata/top10.htm

同社の3割以上の株式を電通が所有しており、「えっ、それって」とシロートなどはゲスっぽい勘ぐりを入れてしまいたくなるが、どうなってるのかは知らない。

それにしても、「視聴率なんて、たった900世帯(関東の場合)のテレビに調査機器をくっつけて調べているとのことで、

「そんな少数のデータで何がわかるものか」

「世間とずれている」

「ネットで見ている人はカウントしないのか」

「録画は?」

「NHKが視聴率を気にしてどうする」

など、いろんな批判をされているのはなんとなく、みんな知っている。

 

でも…

 

逃げ恥

「逃げ恥」の最終回、視聴率は20.8% 初回から倍増
http://www.asahi.com/articles/ASJDP3CZVJDPUCLV006.html

 

とか。

 

タモリがゲストのスマスマ視聴率、瞬間最高18・6%
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20161221/enn1612210830006-n1.htm

とか。

褒める時は、視聴率で褒めてる。

で、みんな、「スゲー」とか言ってる。

 

ファイティング原田の時代、ボクシングの視聴率は50%を超えたりしたそうだ。

視聴率調査開始(1962年12月3日)からの全局高世帯視聴率番組50【関東地区】
http://www.videor.co.jp/data/ratedata/all50.htm

5位。
23位。
25位。

ビートルズ日本公演に余裕で勝ってるファイティングw

いやいや、「視聴率なんて!」という批判がまっとうで、そこからテレビが変わっていく、みたいな論調が正しいんじゃなかったのか?

「視聴率がいい番組はやっぱりすごい!」と、20%越えのドラマがあるとそちらへ流れていく傾向って、ない?

おかしいな、といつも思う。

 

もちろん、「みんなが見た」と「素晴らしい」は、完全なイコールではないけれど、重なっている部分は多いはず。

「みんなが見た、が正義」という考え方が主流なら、「視聴率偏重」が是正されることは、原理的に不可能だ

ネットでよく見る「視聴率なんか関係ない」と「視聴率悪いし誰得」みたいな、矛盾した言説に、違和感を覚える。