管理栄養士と美容皮膚科医共同開発【7daysカラースムージー】100円モニター

ウルフ・オブ・ウォール・ストリート

ウルフ・オブ・ウォールストリート (字幕版)

終始テンションの高い、「ウォール街の狼」の半生。
これを、「好きな映画!」に挙げている、ビジネスマン、ネットビジネスをやってる詐欺師達(情報商材屋)の多いことwwの多いこと。

このテンションの高さと、「情弱を騙してセールスする、でも俺はそこまで悪くないけどね」って言う、「サクセスストーリー欲」を刺激するんでしょうね。

マーティン・スコセッシと、主役でもあるディカプリオとの共同プロデュース。

 

最高なのはラストシーン。

ジョーダン・ベルフォート(ディカプリオ)が、「俺にペンを売れ」と、独自のセールス理論を今から集まった聴衆にレクチャーしようか、と言う場面。

あの、最後の、聴衆にかける時間wwww
名演技でしょう、あの人らwww

つまり「情弱はいつの時代も、ほらいつだって、こんなにたくさんいるんだよw?」ッていう意味じゃないですかね。

それを暗示している、だからセールスで同じようにのし上がる奴は、いくらでも出てくるし、騙すのなんか簡単だよ!?っていうww

思わず、笑ってしまいました。
3時間近くありますが、飽きさせない、ジェットコースタームービー。

Amazonプライムで見ました。

コメントを残す

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

このページの先頭へ