クヒオ大佐

クヒオ大佐

実在の結婚詐欺師を堺雅人が。

結婚詐欺師ってすごいハードル高い仕事だと思うんですよね。
このクヒオ(本名・鈴木和宏)は、1億円くらいを奪ったって言うんですけど、その努力と発想力あるんなら他に活かせばもっと稼げたんじゃないか、と思うほどです。

エリザベス女王とカメハメハ大王の血を引く、という設定だったそうです。
なんとなく映画ではコミカルに描かれているんですが、本当にコミカルな話ですね。

その割にこの映画、どうもシリアスな部分も出したい、「愛とは」みたいなテーマにも迫りたいと言う「欲」が見え隠れして、少し、いやらしく見えるんですよね。

しかし実在のクヒオは、堺雅人みたいに男前じゃないだったろうし、映画の中ですら「なんか怪しい」と思う人らは複数いたわけで、どうしてあんなのに引っかかるんだろう?って、ばかなんじゃないの?って、結婚詐欺の話が出るたびに言われたりするわけでしょう。

 

いや、ぜんぜんいるでしょ。

被害者を貶めるつもりはありませんが、「なんであんな馬鹿なことに引っかかるかね?」と周りが見たら呆れるような、バカってたくさんいるんです。

ひどい言い方だけどw、騙されるバカがいなくならないから詐欺師もいなくならないんですよね。
年々サギの方法は巧妙になってきてる、なんていうけど、それすらアップデートしないバカなままの人らって、本当にたくさんいるんで、結婚詐欺師、この手のパターンの「嘘でしょ!?」レベルの嘘も見抜けない女子(または男)が、次から次へ生まれてくるのは止められない。

でも、嘘のような本当の話として、この映画には意味がありますね。

いや、松雪泰子は美人すぎる。
満島ひかりは可愛すぎる。

そうではないところを狙うからこそ、結婚詐欺師なんじゃないのwww

 

Amazonプライムで見ました。

 

 

コメントを残す

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

このページの先頭へ