珍遊記

珍遊記

伝説的金字塔的な漫画だけに、「まぁ、同タイトルの映画を作っておけばいいだろう」ということで作られたんでしょうか。

「実写化」とは、なんのためになされるのか、を改めて考えさせられる、哲学的な作品。

松山ケンイチは好演していると思いますが、この漫画は、褒め称えるべき愛称として「クソ漫画」と呼ばれてたりもしました。とはいえ、「そりゃ、実写化ってこうするしかないですよね」的な工夫もたくさんあり、見たことのあるキャストで、どんどん進んでいくのです。嫌なら見なけりゃいいだけで。

映画としての評判は悪いですが、でも漫画の評判がそのぶんまた、上がっていくという不思議な現象が起こっていますね。

コメントを残す

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

このページの先頭へ