戦国夜話

戦国夜話 (新潮新書)

歴史講義、と銘打つだけあって、割と細かく、テレビなどでは取り上げないような細かな史実まで、丁寧に教えてくださってます。

有名エピソードの隣にあって埋もれているような、でも重要な。

直江兼続が改名した「重信」という名前にこだわった頁、このあたりなんかもう、歴史に興味ない人なら居眠り確実なレベルだと思うんですが。

例えば自分の家で、家系図があるようなお宅なら、名前ってランダムに見えて実はそうではない、法則性がある…なんていうのは、面白い話ですよね。

徳川将軍も「家」のついている人が多いし。
そういう名前を含めて、戦国の時代を生き抜いた人々の、息遣いが聞こえるような。

ただ、なんだか少々読みづらい印象を持ってしまうのはなぜなんでしょうか…。

こちらも面白い。

コメントを残す

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

このページの先頭へ