今はもうすっかり有名になった。
買取専門業者。

これは昔のハナテン。

例えば新車を買おうと、ホンダとかトヨタとか、ダイハツへ行くでしょ?

 

秘密を聞いた。

発売から7年経った車は、基本的には値段がつかないらしい。
だから、「下取り、2万円で」とか言われる。
この2万円は「新車を買っていただけるとのことでまぁ、そのお礼として」という範囲のことであって、「あなたの乗っていたクルマは、2万円の価値です」という意味ではない。

その店舗まで車で来たんだから、その車にはまだ乗る価値がある。
欲しい人は全国のどこかに、絶対にいる。

下取りだと、「2万円で引き取ります」とかそういう感じでしか評価できないので、仕方がないところだ。

実際に、「いや、2万円?ちょっと待って」とストップして、買取専門業者で査定してみたら46万円になった、という人がいる。

だから、やってみる価値は絶対にあるということ。
「めんどくさい」と思う人は、新車と引き換えに、下取りに出してしまう。

いやいや、44万円プラスになることが「めんどくさい」???
サウジの王族か何かなの???

ありえない。

絶対に、使ってみるべき。

まずはディーラーへでも行って(ほんとは行く必要はない)、「この車、下取りするとしたらいくらですか?」と聞いてみたらいい。

で、スマホで、査定価格を見てみたらいい(すぐに出る)。

ああ、何買おうかな、どんなオプションつけようかな、っていうくらいの差額に、驚くと思う。

 

 

有名なのを3つ、挙げておく。

カーといえばグー、のあれ。

グー買取

UcarPAC 車の買い取り査定

かんたん車査定ガイド

これらは、すでに定評があって、利用者も異常に多い。
車は意外に相場が多少変わるので、リアルタイムで売れる値段は変動する。

そして会社によって「得意な車種」があるらしい。だから、一社だけに査定を頼むのは良くないのだ。

複数の会社に一括査定されることによって、「あれ?この会社だけやたら高い値段をつけてるな!」がわかる。そこへ売ればいい。

 

 

外車に乗ってる人は、専門会社がある。