重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)

まだ、重力波は発見されていなかった時点での書籍なので、「もし、重力波が…」という記述が見られ、物理学や宇宙に関する進展を見ているようで、それも魅力になってくる。

ホログラフィー理論にまで言及しているし、初心者用とは言えない内容かもしれないが、この宇宙の真理や法則を解き明かそうとする研究者たちの、情熱を感じることはできる。

 

アインシュタインの理論が、いかに画期的だったか。

統一した法則は多分あるが、まだ見つかってはいないこと。

また、理論は理論なので極端な例にも適用できるが、そうなると合わなくなる。

など、納得できて不思議で、奇妙に感じることもたくさん出てきた。
専門的な用語は覚えられるほど簡単ではないけれど、興味は尽きない。

あと、あの挿絵(似顔絵)、要るかなぁ…www