記憶力が強いものが、人生を制す。
そう言ってもいい部分は、確かにある。

耄碌することの象徴が「記憶が曖昧になる」である以上、多くの記憶は維持していることは、若さの秘訣、なのか。

いや、記憶が消えていくことは「取捨選択が上手くなった」結果でもあると言えるだろう。余計なことは、記憶に残しておかなくてもいい。そういう分別が、できるようになっていく、ともいえるかもしれない。

でも、受験とか、資格試験の勉強には、記憶力が必要だ。
長期的な記憶でなくても良いので、効率良く、勉強時間を役立たせたい、と思うのは理の当然。

 

それプラス、「おまじない効果」も欲しいぞw

これで、記憶力アップじゃー!という、人と違うポイントが欲しい。

脳の血流を改善されると、認知機能の一部(記憶力の精度)や判断の正確さが向上する、と言われている。

それをさせる、機能性関与成分「イチョウ葉由来フラボノイド配糖体、イチョウ葉由来テルペンラクトン」というものがある。

これを配合した、「機能性表示食品」というやつ、だ。

「オボエール」>>詳しくはこちら