プライドが高くて迷惑な人 (PHP新書)

プライドは、あった方が良いのか?

高いのはダメでも、低いのはいいのか?

どうしようもないような、
「厄介な困ったちゃん」は実際、たくさんいる。

嫌な奴なら離れれば良いが、
仕事の同僚、上司ならそうもいかない。

無自覚な「プライドだけ無駄に高い人」に、どう対処すれば良いか。

それを具体的な事例を用いて、丁寧に説明してくれる良書。

そして「自分はどうか??」のチェックにも使えるのが素晴らしい。

中でも「幼少期の万能感」についての考察は、どんな人を観察する上でも役に立つ。もちろん、自分を含めて。

著者のヒットした前作は、これだった。