現代日本に武士道などが存在しない/数字が示すの虚実

あの頃映画 「切腹」 [DVD]

から日本人には、死して詫びる、みたいな感覚があると
言いますが、ほんとなんでしょうか。

切腹がどう考えても日本好きの連中の中で有名すぎて、
基本的に外国人からすると「あり得ない」行ないだと
言うんですが、現代人からするとまぁ自分が
それをすることは100%無いとしても昔の日本人は
そうだった、という事実に関しては、感覚としてすごく
すんなり受け入れられてますよね。

いやそれって武士だけだから。


人口の2割もいないような特殊な
特権階級だけの思想だから。

まったく不思議なことだと思いますが、なんとなく、その、
腹に刺さった短刀による痛みとか、
薄れゆく意識とか、
倒れ行く上半身だとか、
介錯されて落ちてゆく頭部の重みだとか、
そういう具体的で身に迫る現実感よりも、
「◯◯のために」「喜んで切腹いたす」みたいな、
精神論があまりにも巨大な影となって
脳裏をかすめるものだから、
実はもひとつうまく
イメージング出来てないんじゃないかと思うのです。

そして、ひとえにそれはわれわれが圧倒的に
百姓の子孫だからではないかと。



今でも自殺が3万人をくだった年はない、と言われるほどの
自殺大国である日本は、そこに住む大多数の日本人が
「命をもって償う」という感覚を歴史の連続性を持って
継承しているからだ、とも言われたりします。

しますし、なんとなく「そうかな」と、
思ってしまっています。

jisatsusha_suii
出典:警察庁「平成22年中における自殺の概要資料」
http://www.t-pec.co.jp/mental/2002-08-4.htm

かし、ほんとにそうなんでしょうか。

「切腹」と「自死」は、決定的に違う気がします。

死ぬだけなら首吊ってでも死ねますが、「切腹」は、
様式に沿って執り行われなければならない
「最期の行事」であるので、
それが出来る身分の人らというのは
とてもとても限定されていたのです。

それは言わずと知れた、さきほども言いましたが、
武士階級だけですよね。



人口の2割いるかいないか、の人らによる
特殊な儀礼だったわけですから、それをなぜか
「日本人のこころ」として現代人が共有してるのって
妙な気もしますけどね。



ああ、それは「SAMURAI」っていう感じも同じですね。

何度も言いますが、われわれはほとんど、「NOUMIN」ですから(笑)。



武士は必ず「切腹」で死ぬ、なんてことはないわけで、
例えば悪いことをしたり主君の不興を買ったり
ムリヤリ責任とらされたりする時に、
最も上級の、ちゃんとした死に方として、「切腹」という
『名誉』が与えられる。

もちろん、それは形骸化した便宜上のことだった、
っていう見方もあるかも知れません。

しかし当時の社会通念上、
その他の罰せられ方(島流しとか斬首とか)よりも、
はるかに良い死に方だった。

どんな死に方だろうが、死んだらいっしょだ、
なんてのは大きな間違いです。

それは、残された一族郎党の処遇に、
格段の差が出て来ることで分かります。

ほら、戦国時代でも、戦った城主(大名)と嫡男が
切腹することで、家来その他の何千人が命を救われた、
という例はいくらでもあるのですから。

つまり切腹が名誉だというのは、残された家族親類縁者に
とっての有り難さ、という側面があるのです。

自分の名誉だけのために自決するのではない。



闘集団の構成員である鎌倉以来の武士と、
江戸中期から幕末にかけての武士とでは、
「血を見る」という頻度においては隔絶した感がありますが、
それでも「切腹」は残ってるわけですから、
普段の生活にぴんとした緊張感が漂っていたことは、
想像してあまりあります。



江戸後期においては切腹も極端に形式化され、自分でお腹に
短刀を突き立てなくても、短刀代わりに三宝に置いた扇子に、
手をかけた瞬間に後ろから介錯人が首を落とす、
というものになっていったそうですが。

それでも幕末の、武市半平太の切腹など、その壮絶さが
伝えられている例もありますから、現代からは想像も
つかない緊張感が、やはりあったということですよね。



「責任をとる」という意味での自死は、
今もあるのでしょうけれど、この折れ線グラフ(下の方)を
見てください。

jisatsusha_shokugyobetsu

職業別で見ると、自殺者で圧倒的に多いのは「無職」なんです。





職なのに職業別っていうのもなんだか変ですけど、
逆に少ないのは「管理職」です。

『責任をとって自害する』の、
「責任」がある人らの自殺率は低い。



責任なんてないはずの「無職」が、
圧倒的な自殺者数を誇っている。

これはいったいなにを示しているのでしょう。

カタチだけは「SAMURAI」「腹切り」を日本文化として
継承しているような顔をして、やっぱりわれわれは
「武士」とか「もののふ」とか「武士道」とは、実は
ぜんぜん遠い存在なんじゃないかと思うのです。

実は「武士道」などを忌み嫌い、封建的な社会を蛇蝎の
ように感じて来た人らの末裔でしかないのですから、
この感覚の違いはどこから来るんだろうと、首をかしげます。

いや、ひとつだけ、原因のようなものを見つけましたよ。

『時代劇やりすぎ』。

[amazonjs asin="4334031994" locale="JP" title="切腹 日本人の責任の取り方 (光文社新書)"]

コメントを残す

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

このページの先頭へ