三船敏郎が主演することで、いや増して重厚度が上がっている。