いわゆる「立ち往生」。