よく、嫉妬について考えます。

高品質 コスプレ グッズ 小物 ディアンヌ 嫉妬の罪 ( サーペント シン ) ウィッグ ウイッグ The Seven Deadly Sins 小物 (ディアンヌ ダークブラウン)

 

 

 

嫉妬について考えるというのは、嫉妬するのとは違います。

ここ勘違いされるとすごく困るんです。

「よく嫉妬について考える」のと「よく嫉妬する」のはぜんぜん違いますからね。

「よくマカロンについて考える」のと「マカロンをよく食べる」はぜんぜん違うでしょう。

それと同じです。

 

嫉妬はなにか

 

さて、嫉妬ときくと、「やきもち」のことをすぐに思い浮かべますよね。
女が男に、男が女に、やきもちを焼く。

キーッ!わたしという女がありながらよくもあんなズベ公と!というやつ。

男にだって、それはあります。

お前さっきの男とニコニコ喋ってたななんなんだよアイツ!とか。
でも一応、女性の得意技のように言われてますね。

 

嫉妬は、「嫉」も「妬」も、ともに女偏(おんなへん)。
現代の感覚から言えばこれは女性差別だが、そんなこと言ってたら笑われてしまう。

「女の腐ったみたいなやつだな」というような言い方と同じで。
「実は、男の方が女々しい」、などもそうですね。

訓読みだと「嫉」は「そね(み)」、「妬」は「ねた(み)」と読むそうです。

辞書で調べると、「他人を羨ましく思い、その分だけ憎らしいと思う感情。」と書いてありました。
「羨望と憎しみの入り混じった感情」。なるほど…

 

ん?あれ?男が女に、女が男に、っていう部分が、第一ではないんですね。
恋愛や夫婦間にあるような人情味は、まずは関係無いように感じられます。

男女の関係における、そういう「やきもち」な感情は「悋気(りんき)」とも言います。
ちなみに悋気によって出る炎は青いんだそうです。
ブルーフレイム。アラジンのストーブは関係なく。なぜ青い炎かは知りません。

でもその炎で焼くから、「やきもち」なのかも知れませんね。

「焼き餅は 遠火で焼けよ 焼く人の 胸も焦がさず 味わいもよし」。

hn

 

 

嫉妬は巧妙に隠される

さて、私がよく考えるのは恋愛の嫉妬ではなくて、本来の「嫉妬」です。
嫉妬は、どんな形で現れるんでしょう。
わかりやすいのは「嫌がらせ」として現れる場合です。

しかし、そうではない方が多いからまったくもってややこしいし、鬱陶しい。
「嫉妬してます」と言いながら嫉妬する例は、極めて少ないから。
いや、絶無でしょう。

嫉妬は嫉妬というラベルでは現れてこないんです。

時に「親切」とか「アドバイス」とか「本人のためを思って」というラベルが堂々と貼ってあるんです。

確認のしようがないので追求はできないんですが、わかりますよね?
煎じ詰めれば嫉妬の灰汁(あく)で濁るほど、それらに嫉妬が沈殿している様子が。

 

 

「あの人(ら)は、ああいう路線になってしまったが、もっとああした方がいいのに」というのも、そのパターンのような気がします。

ほっといたれよ、という視点で見れば、「あの人(ら)」は、

自分と周囲の最善策を選んで、自分の責任において、

悩みながらもその路線を選択しているのであって、

正直、なんの関係もない、心情も未来も考えてくれたことのない人らに

「こうした方がいいヨ!」などと言われる筋合いは、

まったくないでしょう。

 

 

なぜ、そんな嫉妬がおこるのか

では、言う方は、なぜそんなことを言うのでしょうか。

まず、「あの人(ら)」を、観測範囲に入れているということが、問題なんですよね。

気にしているから見ているんです。
気にしているからその動向を知っているんです。
気にしているからその方向性が気に入らないんですよ。

 

原義に戻ると「嫉妬」とは、「羨望と憎しみの入り混じった感情」

そう、「うらやましい」という感情が、その底に眠っているんです。

そして、いつも観察していることが、「うらやましい」を呼び覚ます。

うらやましい、はそのままはクチに出しにくいので、
なんとかそれを形を変えて表現したくなるということです。

それが「もっとこうした方がいいのに」なのです。

 

 

…これは、自分でも気付きにくい感情の動き・流れなので、思わず誰でもやってしまいます。

なので、そういう無意識的なアドヴァイスじみたことをしてしまう人は、

いろんな人を「観測範囲から外す」といいですね。
外すことで、その感情の発露を防ぐという方法をお勧めします。

観測範囲から外すと、そもそも「あの人(ら)」の動向に興味がなくなるので、

自分との比較から生まれる「本当はうらやましい」という感情が減ります。

ええ、なくなりはしません。減るだけです。

 

しかし「うらやましい」というのは自分の足りない感じ、

不足・不満・不幸を嘆きたいという核から生まれるものですから、

もっと自分が幸せに・充足している、という核があれば、

たいていは他人様がどうなろうと

「とにかくその路線でガンばってみてよね!」で済んでしまうものですよ。

そ、そうですよね?

 

人のフリ見て…

そこまで(自分の内部を)観察してみると、今度は周りも見えて来ます。

つまり「ああ、そこまではほんとのアドバイスだけど、そこまで言っちゃぁその原材料は嫉妬だぜ!?」というような例が、目につくようになります。

どんな人にも、その核は埋まっていますから。

内容としては繰り返しになりますが、

自動車だと「認知」→「判断」→「操作」

という順番で運転しているというのは知られたところですが、

この場合、「不満」→「嫉妬」→「アドバイス」みたいな感じになっています。

嫉妬が「おためごかしなアドバイス」に変化します。
ラベルが違う分、ちょっとやっかいなんですね。

逆に言えば、嫌がらせをされているというのはわかりやすいですね。

正面切って打倒できる余地があるから。

地獄に堕ちるのは、妬み/嫉みの強い者だそうです。

そしてこの感情は、いろんな悪い事に派生します。
どうやって「不満」→「嫉妬」→「アドバイス」を
「不満」→「◯◯◯」→「アドバイス」に変えていけるかが、
人生の意味のひとつであり、

ヘヴンズドアーの鍵であると考えられます。

 

 

 

 

まずは「認めること」。

「ただ生きるな、善く生きよ」とソクラテスは言いましたが、
そのコツのひとつは、

 

まず、

 

「自分が持っている嫉妬するこころ」を、

 

認知することではないでしょうか。

 

 

 

 

コメントを残す

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

このページの先頭へ