管理栄養士と美容皮膚科医共同開発【7daysカラースムージー】100円モニター

そこまで釣りに情熱はないなぁ(まだ)

 

よくわかる渋滞学 (図解雑学)


牧フィッシングピアーズへ、釣りに行くぞ、ということでこの10月半ばの三連休最終日、連休ナメちゃいけませんぜと3時起きでした。

夜中3時おきですよ?
富士山のご来光じゃあるまいし、お金とられる施設に入るのに、朝3時起きってなんですか。
いや、でも、噂では、駐車場はまだしも、900円の入場料を払って釣り場に入るまでに2時間待ちとか。

開場は6時なんで、少なくとも5時には着いておきたい、いや、4時なら余裕だろう!ということで。
実際には4時半頃、着きました。

これです…。

本牧渋滞

存知の方はご存知だと思いますが、倉庫街・工場街を海まで抜けたところに本牧フィッシングピアーズはあります。

http://honmoku.yokohama-fishingpiers.jp/

この時点では、まだその面影すら見えません。
ずん…っと渋滞。単なるデカい道に、なぞの渋滞。



れみんな、「駐車場に入れない」組です。
台数もそこそこあるんですけれど、駐車場がこの時点で「満車」なんですよ。
とうぜん開場もしてない。
ということは、開場を待てるのは事実上、駐車場に停めている人&徒歩の人だけ。
バスはまだ動いてませんからね。

我々は、その、駐車場に停めている人が6時に入場して、ひとしきり釣りを楽しんで、成果が上がったりダメダメだったりして、よし帰るぞとなって初めて、「駐車場に入れる」ですよ。
それが、この行列。

ダメだ、これは。

しかしそれくらい、本牧フィッシングピアーズは「釣れる」っていうことなんですよね。
この人気は、子供でもアジサバなど、実用的かつなかなかのサイズの魚が釣れることで成立している。

ーし、今度は1時起きだーッ!!

…とは、ならないですよねやっぱり。

深夜2時について、駐車場に入れたとして、開場の6時まで車中で過ごす…その間のパーキング代もかかる…入場料900円…。
そして釣れるかどうかは確定ではない自然との闘い…。

昔のサザエさんではないですが、イオンで買って帰った方が現実的です。
というわけで、本牧フィッシングピアーズを回避し、違う場所へ移動したのでした。

つづく。





コメントを残す

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

このページの先頭へ