Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

コン・ティキ

投稿日:2016年9月21日 更新日:

コン・ティキ [Blu-ray]

ノルウェーの映画です。

ポリネシア諸島はあんなに離れているのに、昔から人がいるのは、南米から海流に乗って渡って行った人たちがいるからだろうという仮説を立てて、本当にやってしまった1947年の男たち。

エンディングに、実在の彼らのその後が語られるのですが、皆、総じて長生き。

2009年まで生きていた人もいる!!

主人公のトールは、妻に別れを切り出されてしまうわけですが、その妻は割と早く亡くなっている。

苦労をかけたからなのか、冒険をする人らがやたら屈強なのか。

実話が元になった映画ですが、あんなイカダであの人数で、よく行けたもんだと疑いたくなるほどです。

サメの恐怖はものすごいし、何らかの熱病で全滅してもおかしくない。

こういう強運を持った人らが何千年か前にもいて、ポリネシア諸島に文化を運んだんでしょう。

 

だんだんヒゲが生えまくって、誰が誰だかわからなくなっていくw

 

 

 

 

 

 

 

Huluで観ました。

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

 

 

 

-映画、どんどん見ていくよ!
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

湯を沸かすほどの熱い愛

「風呂屋」が示すメタファーは、「情」「愛」か。

日本の仁義

日本の仁義

全員、暴言吐きまくりです。

コードネームU.N.C.L.E.

スパイ…なんだけどスタイリッシュで余裕がありすぎて、設定にあるような危機的状況だと思えなくなってくる不思議…。

トランスフォーマー/ロストエイジ

いや、サムライのお前が言うなwwwww

悪人

柄本明がと満島ひかりが素晴らしい。

ハッピーメールバナー