Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

パシフィック・リム

投稿日:

パシフィック・リム(字幕版)

芦田愛菜・菊地凛子が出演したことで話題に。
新作が公開されてる。

怪獣・巨大ロボ・メカ。
日本の特撮を下敷きにした、迫力ある物語。

でもやっぱり齟齬と言うか、基本的に「なんで?」という疑問が浮かび始めたら止まらなくなるw

そういう疑問は、持ってはいけないのだ。
人型ロボにする不合理。
いくら「KAIJU」に対してヒステリックになっているとはいえ、こんな不合理な巨大ロボ計画が一時的にとはいえ、認可されるわけがない。
巨額の資金もいるのに、あんなに「壊れるポイント満載」な計画がうまくいくわけがない。

現にうまく機能しなくなって、「壁」を作るという政策になるんだけど、
なんでそれは「人力のみ」で作ってるんだろう…???

「壁」を作るのを、あの巨大ロボで作れば、機能的にも簡素化できるし、早く、頑丈なものが作れると思うんだけど…。

そういう矛盾点というか足りない部分がどんどん出て来て、結構、集中できないw

十分に楽しめる作品だと思うので、その辺を無視できるかが、鍵だ。

Huluで観ました。

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

-映画、どんどん見ていくよ!
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MEG ザ・モンスター

今後はパニック映画も、こうなっていくという未来を示していると言える。

rocky

クリード/チャンプを継ぐ男

アポロの息子が…!?

冷静に事務所を通して提訴するFさん。

この対処は現時点で、最良の判断なんだろう。

ミッチェル家とマシンの反乱

明らかに大手IT企業と、普及した「機械」への皮肉が込められている。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

この映画の要は音楽。そう言い切っていいかもしれませんね。

ハッピーメールバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ