Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

珍妃の井戸

投稿日:2021年1月9日 更新日:

珍妃の井戸

列強諸国に蹂躙(じゅうりん)され荒廃した清朝最末期の北京。

その混乱のさなか、紫禁城の奥深くでひとりの妃が無残に命を奪われた。

皇帝の寵愛を一身に受けた美しい妃は、何故、誰に殺されたのか?

犯人探しに乗り出した日英独露の高官が知った、あまりにも切ない真相とは――。

 

『蒼穹の昴』に続く感動の中国宮廷ロマン。

 

-読んだ本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日本共産党

面白いのは、共産党が持っているロジックだ。

マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女

堕落と悔悟、その二面性を表現するアイコンとして、敬虔を惹起する女。

「かわいい」論

注意が必要な言葉でもあるのだ。

脳は平気で嘘をつく

脳は平気で嘘をつく

心理学やカウンセリングに「魔法」を期待している、他人任せで、悩みが多いのは自分のせいじゃない、と勘違いしているダメな人らには、物足りなく感じるかもしれない。

フェルメール全点踏破の旅

これらのモノに読み取れる寓意、たとえば「楽器」は「愛」を表わすとか。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング