Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

珍妃の井戸

投稿日:2021年1月9日 更新日:

珍妃の井戸

列強諸国に蹂躙(じゅうりん)され荒廃した清朝最末期の北京。

その混乱のさなか、紫禁城の奥深くでひとりの妃が無残に命を奪われた。

皇帝の寵愛を一身に受けた美しい妃は、何故、誰に殺されたのか?

犯人探しに乗り出した日英独露の高官が知った、あまりにも切ない真相とは――。

 

『蒼穹の昴』に続く感動の中国宮廷ロマン。

 

-読んだ本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

怨霊とは何か

菅原道真、平将門、崇徳院。

私とは何か――「個人」から「分人」へ

とにかく、この考え方を身につけることで、自分の生き方をヘタクソに狭めなくて済むかも知れない。

ユタが愛した探偵

そんなに素晴しいんなら、なんで沖縄の若者はこぞって東京へ出て来るのだ。

命の値段が高すぎる!—医療の貧困

命の値段が高すぎる!—医療の貧困

ニュースが、違って見えてくるかも知れません。

「忙しい」を捨てる 時間にとらわれない生き方

「時間を無駄にする」とか「暇をつぶす」とかは聞いたことあるけれど、「忙しいを捨てる」は聞いたことない。

読まれている記事ランキング

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング