Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

珍妃の井戸

投稿日:2021年1月9日 更新日:

珍妃の井戸

列強諸国に蹂躙(じゅうりん)され荒廃した清朝最末期の北京。

その混乱のさなか、紫禁城の奥深くでひとりの妃が無残に命を奪われた。

皇帝の寵愛を一身に受けた美しい妃は、何故、誰に殺されたのか?

犯人探しに乗り出した日英独露の高官が知った、あまりにも切ない真相とは――。

 

『蒼穹の昴』に続く感動の中国宮廷ロマン。

 

-読んだ本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ガウディの伝言

ガウディの伝言

ダリが絶賛し、ピカソが貶したガウディ。

一〇〇年前の女の子

一〇〇年前の女の子 (文春文庫) (日本語) 文庫 – 2016/7/8 「わたしにはおっ母さんがいなかった」 米寿を過ぎて、母テイが絞り出すように語り始めた――生後一か月で実母と引き離され、養女に出 …

テレビ局削減論

「テレビはバカが見ていると思って作れ」

お探し物は図書室まで

自分で見つける。

正倉院

やはり、「国家珍宝帳」。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング