Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

そう、三国志

三国志/第十八巻「感傷なき五関突破with関羽」

投稿日:2013年9月7日 更新日:

三国志 (18) (希望コミックス (68))

 

羽が、玄徳の元へ夫人を連れて帰ろうとし、単に連絡がいきとどいていないということだけで、関門の太守をつぎつぎに撃破してしまうという、いくら通信のない時代とはいえ、もうちょっとそのへんの無駄死には防げなかったものか、
とさすがに思ってしまうエピソード。

武士としての面目、でなんとか乗り切っているww
曹操が、早く「通行証」にあたる「告文」さえ関羽に渡しておいてあげれば、東嶺関の孔秀も、洛陽の韓福も、沂水関の弁喜も、王植も、死なずに済んだのに。
あやうく、夏侯惇も殺すところだった。

しかしとにかく関羽のスーパースターぶり、スーパーマンぶりはすさまじい。

目配せですべてを知るこの目配せだけで全てを知る勘の良さ。

後の巻では、しばらくまったく出て来ない時期がある。
そのつじつまを先に合わせるかのような、単独、そして抜群の持ち上げっぷりではないか。

前巻に紹介した映画にあったような、玄徳夫人との淡い恋心があってもおかしくはない境遇ではあるものの、横山三国志にそのような感傷は出て来こない。
あっさり、あまりにもあっさり物語は進んでゆく。

関羽・指先どうなっとんじゃ関羽にも伝染、「指先どうなっとんじゃ」。




-そう、三国志
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

三国志/第三巻「タマなしに操られる大国」

戦乱の英雄が、この時点では誰になるかは同時代には誰にもわからない。

三国志/第六巻「名は体を表すとは限らない不思議な中華思想ってやつ」

これはすごいじゃないですか、「顔、良し」ですよ。

三国志/第十五巻「アホウのフリをしましょう」

警戒心を持たれないように、暗愚を装ったのだ。

三国志/第四巻「な なんという男だ」

この時、曹操三十五歳。

三国志/第二十ニ巻「おわかりか」

計6つもあった。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング