「大袈裟じゃなく、野菜は一種の日本の資源。」
村上龍が、そう言い切ってました。

 

確かに、地産地消、が基本というか、限界というか、野菜は土地に縛られがちです。

「○○産」と書かれたスーパーの野菜のあの感じには慣れきっている我々ですが、それだって、そうとう限られた流通ルートに支配されている。

だからこそ、「中国産」も混じるし、混ぜられても仕方がない。

有能で高栄養な有機低農薬野菜を、全国の家庭へ。

 

カンブリア宮殿でこれ、もっと人気出ますね。


※番組HPより
全国16万世帯の会員を抱える、有機・低農薬野菜の宅配最大手「らでぃっしゅぼーや」。日本各地のこだわり農家と契約し、徹底した生産管理で作られた安心安全な野菜を家庭に届けている。そして今、野菜へのこだわりや生産者重視の姿勢は貫きつつ、NTTドコモ出身の国枝俊成社長が就任した後は、「顧客目線」の徹底、「野菜宅配+IT」という新しいチャレンンジにも乗り出している。そのほか、野菜そのものを宅配するだけでなく、より調理をしやすいカット野菜や調味料をセットにした商品を販売。より広い層に有機・低農薬野菜の魅力を広めようと考えている。こうして今や同業他社の中で、会員数・売り上げともにトップを走る。進化し続ける野菜宅配ビジネス、そのトップ企業の新戦略に迫る。

 

確かに、らでぃっしゅぼーやはサイトもわかりやすい。

「資料請求」するだけで、濃い野菜、もらえるんだそうです。

何?今これ結構お得ってこと?↓

 

 

 

あ、野菜といえばオイシックス

宅配といえばOisix、ですよね。

このお試しセットがすごくいいことを、私は知っています(o^∇^o)ノ