第六回、「過払い金請求、進む その2」です。

過払い金というのは一体なんなんでしょう。
知り合いの人から、割とくわしく(しつこくw)聞くことができたので、今回、書いておきます。

しかも、ほぼその知り合いの語り口調のまま(黒字部分。わかりやすく加筆・修正はしてます)。

 

ヽ(o´∀`o)ノ〜♡ヽ(o´∀`o)ノ〜♡ヽ(o´∀`o)ノ〜

 

残ってた2社からの借り入れ。

A社が、23万円ほど。
B 社が、40万円ほど。

この両者とも、過払金があったので、今回で、チャラになりました、と。

まじかよ!!!
すげえ!!!
借金、な
くなった!
毎月、もう返さなくていい!!
嬉しい!!

 

ドキドキするほど嬉しかったし、もう、借りたりしないぞ!と心に誓った。

で、あとは、過払金として、返ってくるお金がどれくらいあるか、なんだけど。

合計で、70万近く、返ってくる可能性はある。
だけどね…と、弁護士は言う。

「一度、完済してらっしゃるんですよね…」

 

そうなんです。
一度、この2社に関しては、完済してる。
で、もう一度、借り入れするまでに、1年くらいの期間がある。

これを、金融会社は突いてきたんだと。

なるほど、どう言うこと!?

つまり、「完済してるので、2回目の借り入れスタートは、新しい契約」という扱いになる、という主張だということ。

過払金が発生するには、「期間」が重要だということ。
確かに金利的にはグレーゾーンで、払いすぎてたんだけど、完済して、また1からとなると、「払いすぎていた」とするには、期間が短すぎるそうだ。

 

裁判になったら、ここが争点になる。らしい。

ああ、そうなの。裁判…裁判には費用もかかる。
かかっても、勝てたら取り返せるお金は多い。
でも負けたら…借金は残らないものの、余計な出費はある。

あ、面白そうだから裁判、アリだな、と思った。

 

しばらくして、事務所から電話が。

ここに書いてある説明は、全部、電話でしてもらった。
事務所へ再度、行くことはない。行くのは一回だけ。

弁護士さんが言うには「金融会社は、示談金(解決金?)を用意しているので、それで、解決とした方が良いのでは…」とのこと。

借金がゼロになった上で、少額ではあるが、金融会社がお金をくれる。
過払金の返還、ではなくあくまで、解決金として。
裁判するの、やはり避けたいんだろうな。

 

それが、A社が25000円。
B社は、38000円。

言ってみれば、借金がなくなって、プラス63000円になった、ということ。

70万円以上が手元に来ることを思えば随分少ないけど、ここ、欲張るところじゃないような気がする。
それに、早期解決、はやっぱり嬉しいし。

わかりました、それで示談にします、と伝えた。
弁護士も、「その方が良いと思う」とのこと。

これで、65万円近くあった借金は無くなった。
取り立てとか、督促からは、自由になれた。

儲かったわけじゃない、弁護士事務所に支払う手数料があるから。

上に書いた示談金、63000円も、そこに充てられる。
積み立ててた毎月のお金も、そこに充てられた。

こういう過払金請求は「成功報酬」だ。
失敗したらタダ。でも成功したら、報酬は払う。
それは承知の上。借金とは、違うから。

残り12万円ほどになった。
これも、毎月の返済にしてもらえる。借金とは違う。

毎月1万2000円を10回。これで全て終わりだ。

今は、毎月、「あの借金が、消えたのか…」と、感謝しつつ、ありがたいなぁという思いで、振り込んでいる。
それも、もうじき終わる。

 

結局、あの「完済からの空白期間」があったので「車買えるほど返って来る」ことはなかった。

ただ、毎月、利息を半分くらい払いながら返すことに汲々としていた借金が、完全に無くなった。

情けないけど、誰にも言えず、「これは自分の責任だから」と黙って返し続ける覚悟をしていた。

マジで、相談した方がいい。
…というかまず、自分で、「どれくらいになるか」の、ザックリした感じを、つかんだ方がいいと思う。

すべてが終わるまで、誰にもバレてないし、気づかれてもいない。

 

これで、質問3個ほどに答える。↓

もし必要なら、俺と同じところも紹介するけど、
まずはこれ↑で、診断してもらう方がいい。

相手はプロの法律家だ、何がバレるとか、個人情報が…とかいう心配は一切ない。

…というか、前にも言ったけど、「隠す」というのは、デメリットでしかないんだ。
相手は味方。

 

借金がなくなると、
実際に、
肩こりなくなるから不思議だよ(笑)

 

クソみたいな頃の自分が作った借金がなくなる話、役に立ったなら、ちょっとだけ嬉しい。

 

 

 

ヽ(o´∀`o)ノ〜♡ヽ(o´∀`o)ノ〜♡ヽ(o´∀`o)ノ〜

 

いかがでしたか。

まさか六回にも渡るとはw
最後はリアルな、額面が出てきましたね。

隠れて作った借金を、隠れて処理する、なかなか、男らしい(かなw?)。

一人で抱えてても、いつまでも絶対に変わりませんから、よくわからないならわからないなりに、専門家に飛び込んでみろ、ってことですね。

 

相談は無料、って書いてあるし。
このシミュレータ、見てみましたが、かんたんです。

↓やっぱり、最初は匿名、もありがたいかも…。

どこかで何度か出てきたように、法律家は味方。
借金が減ったら、肩こりも治るそうなのでw、ぜひ、参考にしてください。

この記事があなたの役に立つなら、ブログ主も嬉しい!

 

もし「やってみた!」とか
「うまくいった!」とか、
あったら、こちらから知り合いに伝えますので、コメントください。

 

ああ、いいです!
お礼のお金なんて!
いいですいいです!

要らないですよ!
謝礼なんて!
お金!?
いいです!

過払金からの謝礼金!?
いいですって!
けっこうです!

いいです!
そんなそんな!
いいですって!
いいです!

 

 

…諸々、おまちしております…(๑✧◡✧๑)

 

https://wherearewenow2.com/archives/3621

第二回「過払い請求に電話してみた」

第三回「事務所へうかがう、その1」

第四回「事務所へうかがう、その2」

 

https://wherearewenow2.com/archives/3677

 

第六回「過払い金請求、進む その2」(終わり)

 

  第六回、「過払い金請求、進む その2」です。 過払い金というのは一体なんなんでしょう。 知り合いの人から、割とくわしく(しつこくw)聞くことができたので、今回、書いておきます。 しかも、ほぼその知り合いの語り口調のまま(黒字部分。わかりやすく加筆・修正はしてます)。   ヽ(o´∀`o)ノ〜♡ヽ(o´∀`o)ノ〜♡ヽ(o´∀`o)ノ〜   残ってた2社からの借り入れ。 A社が、23万円ほど。 B 社が、40万円ほど。 この両者とも、過払金があったので、今回で、チャラになりました、と。 まじかよ!!! すげえ!!! 借金、なくなった! 毎月、もう返さなくていい!! 嬉しい!!   ドキドキするほど嬉しかったし、もう、借りたりしないぞ!と心に誓った。 で、あとは、過払金として、返ってくるお金がどれくらいあるか、なんだけど。 合計で、70万近く、返ってくる可能性はある。 だけどね…と、弁護士は言う。 「一度、完済してらっしゃるんですよね…」   そうなんです。 一度、この2社に関しては、完済してる。 で、もう一度、借り入れするまでに、1年くらいの期間がある。 これを、金融会社は突いてきたんだと。 なるほど、どう言うこと!? つまり、「完済してるので、2回目の借り入れスタートは、新しい契約」という扱いになる、という主張だということ。 過払金が発生するには、「期間」が重要だということ。 確かに金利的にはグレーゾーンで、払いすぎてたんだけど、完済して、また1からとなると、「払いすぎていた」とするには、期間が短すぎるそうだ。   裁判になったら、ここが争点になる。らしい。 ああ、そうなの。裁判…裁判には費用もかかる。 かかっても、勝てたら取り返せるお金は多い。 でも負けたら…借金は残らないものの、余計な出費はある。 あ、面白そうだから裁判、アリだな、と思った。  

しばらくして、事務所から電話が。

ここに書いてある説明は、全部、電話でしてもらった。 事務所へ再度、行くことはない。行くのは一回だけ。 弁護士さんが言うには「金融会社は、示談金(解決金?)を用意しているので、それで、解決とした方が良いのでは…」とのこと。 借金がゼロになった上で、少額ではあるが、金融会社がお金をくれる。 過払金の返還、ではなくあくまで、解決金として。 裁判するの、やはり避けたいんだろうな。   それが、A社が25000円。 B社は、38000円。 言ってみれば、借金がなくなって、プラス63000円になった、ということ。 70万円以上が手元に来ることを思えば随分少ないけど、ここ、欲張るところじゃないような気がする。 それに、早期解決、はやっぱり嬉しいし。 わかりました、それで示談にします、と伝えた。 弁護士も、「その方が良いと思う」とのこと。 これで、65万円近くあった借金は無くなった。 取り立てとか、督促からは、自由になれた。 儲かったわけじゃない、弁護士事務所に支払う手数料があるから。 上に書いた示談金、63000円も、そこに充てられる。 積み立ててた毎月のお金も、そこに充てられた。 こういう過払金請求は「成功報酬」だ。 失敗したらタダ。でも成功したら、報酬は払う。 それは承知の上。借金とは、違うから。 残り12万円ほどになった。 これも、毎月の返済にしてもらえる。借金とは違う。 毎月1万2000円を10回。これで全て終わりだ。 今は、毎月、「あの借金が、消えたのか…」と、感謝しつつ、ありがたいなぁという思いで、振り込んでいる。 それも、もうじき終わる。   結局、あの「完済からの空白期間」があったので「車買えるほど返って来る」ことはなかった。 ただ、毎月、利息を半分くらい払いながら返すことに汲々としていた借金が、完全に無くなった。 情けないけど、誰にも言えず、「これは自分の責任だから」と黙って返し続ける覚悟をしていた。 マジで、相談した方がいい。 …というかまず、自分で、「どれくらいになるか」の、ザックリした感じを、つかんだ方がいいと思う。 すべてが終わるまで、誰にもバレてないし、気づかれてもいない。   これで、質問3個ほどに答える。↓ もし必要なら、俺と同じところも紹介するけど、 まずはこれ↑で、診断してもらう方がいい。 相手はプロの法律家だ、何がバレるとか、個人情報が…とかいう心配は一切ない。 …というか、前にも言ったけど、「隠す」というのは、デメリットでしかないんだ。 相手は味方。   借金がなくなると、 実際に、 肩こりなくなるから不思議だよ(笑)   クソみたいな頃の自分が作った借金がなくなる話、役に立ったなら、ちょっとだけ嬉しい。       ヽ(o´∀`o)ノ〜♡ヽ(o´∀`o)ノ〜♡ヽ(o´∀`o)ノ〜   いかがでしたか。 まさか六回にも渡るとはw 最後はリアルな、額面が出てきましたね。 隠れて作った借金を、隠れて処理する、なかなか、男らしい(かなw?)。 一人で抱えてても、いつまでも絶対に変わりませんから、よくわからないならわからないなりに、専門家に飛び込んでみろ、ってことですね。   相談は無料、って書いてあるし。 このシミュレータ、見てみましたが、かんたんです。 ↓やっぱり、最初は匿名、もありがたいかも…。 どこかで何度か出てきたように、法律家は味方。 借金が減ったら、肩こりも治るそうなのでw、ぜひ、参考にしてください。 この記事があなたの役に立つなら、ブログ主も嬉しい!   もし「やってみた!」とか 「うまくいった!」とか、 あったら、こちらから知り合いに伝えますので、コメントください。   ああ、いいです! お礼のお金なんて! いいですいいです! 要らないですよ! 謝礼なんて! お金!? いいです! 過払金からの謝礼金!? いいですって! けっこうです! いいです! そんなそんな! いいですって! いいです!     …諸々、おまちしております…(๑✧◡✧๑)  

https://wherearewenow2.com/archives/3621

https://wherearewenow2.com/archives/3631 https://wherearewenow2.com/archives/3642 https://wherearewenow2.com/archives/3653   https://wherearewenow2.com/archives/3677   https://wherearewenow2.com/archives/3708  

あなたの評価を投票してください!

評価: nan/5 (0名 評価済み)