※ ↓の、アナ雪おせちは、販売終了しているようです。



たしか原題は『FROZEN』だったと記憶しているので、とうとう冷凍どころかシャーベット状のおせち料理の登場か!?

 

今年の、ディズニーおせちはこちら。


 

 

 

 

 

 

 

わりとオーソドックスな、美味そうな2段重だった。

 

なぜ「壱」がアナで「弐」がエルサで、なんでふたりともカメラ目線なのかはわからない。

が、とにかくオリジナルクッキーが2枚もついてるんだから大喜びではないだろうか。

最近の配送おせちの定番の方式、それぞれが真空小包装になっている。それを出して、自分でお重に詰めるんですな。手間なことをするもんですな(味の招待席)。

 

そして、提携を勝ち取ったのが「紀文」だというのも素晴しい。
これ、おせちだからやっぱり、企業のイメージからすると、グリコとかドコモとかグリーとか山口組とか、そういうんじゃなくて、カマボコその他の食品が美味い!、とわかっている
和の老舗っていうのが嬉しい。商品に安心感がある。いつだったかの、あのスカスカおせちのようなことには、どう考えてもなるわけがないのである。

 

20110108zanpan2
こういう、新車買ったのにハンドルついてませんでした、みたいなことには、ならないのだ。ああいうのは不祥事とさえ言わないと思う。紀文はぜったいだいじょうぶ。こりゃ子供、いや大人も、完全に大喜びだなー。『アナと雪の女王2』も制作されるというし、こりゃおせちも続くな。しかしもう、和も洋もへったくれもねーな。

 

 

 

ちなみに、オラフはついてこない。