a0001_011509

 

 

こんなこと言うと生意気だと思われるかも知れないが、別に思われてもいいので書こう。
自分に、たまに叩きつける言葉がある。

フとした時、ちょっと苦しいなーと「ネガティ部」に入部しそうな時w自分に向かってしか、それはぶつけられない。
他人に言う言葉ではないから。

自分に、思いっきり叩きつける。

その言葉とは、

「疲れるなんて、生意気だ」

だ。

 

ああ、しんど、って思う事は誰でもある。つかれたぁっ!って。

でも、そんな自分なんぞ比べ物にならないほど、がんばっている人がいる。自分程度の動きで、「疲れた、なんて生意気だ」。

そう言い聞かせる。

バレーボール元日本代表の益子さんがテレビで現役時代の話をしてた。「スランプだ…」と悩んでいたら、監督にはり倒された、と。

「スランプなんぞは超一流の選手だけがなるもので、お前らはただ練習が足らんだけじゃ!」

んー、多分同じことかも知れない。

それが事実かどうかはもう、別問題で。

 

疲れたなんて、生意気だ

 

こう思うと不思議と「まだぜんぜん限界ではないかも?」っていう気持ちが少しだけわいてくる。

いや、別に疲れちゃいけないわけではないし、実際疲れはある。

でも「貴様ごときが、つかれた、だと…!?」とどこかから言葉が飛んでくる。他人には、そう思ってしまうこともしばしば。疲れたら休めばいいんだけどね。

ああ、まぁそうですよね、と立ち上がる。
確かにそうだな、って思えたら。

 

俺よ、まだ座るな!

と。