Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

戦国武将の明暗

投稿日:2016年8月31日 更新日:

戦国武将の明暗 (新潮新書)

 

いきなり、「ぼくの本は売れません」から始まりますwww
歴史資料へのためらいなく、こだわりすぎずに、ライトに行こう、と前書きで決められたはずなんですが、やはり内容としては、微に入り細を穿つしかないジャンルですから、もはや歴史に興味を持てない人には「誰のことをゆーとるのかわからん!!」となります。

 

 

確かに、徳川家康や秀忠、または真田丸に出てくる真田昌幸とか、秀吉とか本多忠勝、とかまでならば多くの人が知ってる!と楽しめるんでしょうけども。

いや、最近は歴史ゲームとかも発達してますから、キャラとして知ってる武将も多かれど。

11章のテーマは井伊vs鳥居。
「鳥居忠政」と言われて、ピンとくる人がどれくらいいるんでしょう。

鳥居家と聞けば伏見城を守って壮絶な討ち死にをした鳥居元忠。
鳥居家は幕末まで続くお家になるそうなのですが、それまでの紆余曲折など、普通は知る由もありませんね。
こういう細かい(一字ずつもらってるから余計ややこしい)名前の系譜とか、覚えてしまえばなんてことはないんです。

 

徳川の15代将軍なら、覚えてる人も多いでしょう。
でも井伊藩主を直弼から遡って言ってみろ、って言われたらまぁ無理ですよね。

資料をしっかりと把握しているからこそできる、一般論や通説を軽く従えた仮説。

面白い本です。

 

 

 

-読んだ本
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エッシェンシャル思考

エッシェンシャル思考

マネジメントできなかった、全ては自分のせいなのに。

一〇〇年前の女の子

一〇〇年前の女の子 (文春文庫) (日本語) 文庫 – 2016/7/8 「わたしにはおっ母さんがいなかった」 米寿を過ぎて、母テイが絞り出すように語り始めた――生後一か月で実母と引き離され、養女に出 …

私とは何か――「個人」から「分人」へ

とにかく、この考え方を身につけることで、自分の生き方をヘタクソに狭めなくて済むかも知れない。

世界の辺境とハードボイルド室町時代

世界の辺境とハードボイルド室町時代

そのまま1000年経てばアフリカも日本のように、とはならない世界観。

ガウディの伝言

ガウディの伝言

ダリが絶賛し、ピカソが貶したガウディ。

ハッピーメールバナー