Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女

投稿日:

マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女

聖母マリアやエヴァと並んで、マグダラのマリアは、西洋世界で最もポピュラーな女性である。娼婦であった彼女は、悔悛して、キリストの磔刑、埋葬、復活に立ち会い、「使徒のなかの使徒」と呼ばれた。両極端ともいえる体験をもつため、その後の芸術表現において、多様な解釈や表象を与えられてきた。貞節にして淫ら、美しくてしかも神聖な、“娼婦=聖女”が辿った数奇な運命を芸術作品から読み解く。図像資料多数収載。

聖女として扱われる人。
キリストとセットで宗教画に描かれる人。

堕落と悔悟、その二面性を表現するアイコンとして、敬虔を惹起する女。

芸術の歴史として、教会への反抗心を含め、画家たちが挑戦してきた女性。

豊富な資料と分析で、ヨーロッパで扱われてきた「マグダラのマリア」について、知ることができる。

-読んだ本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜ「死刑」は隠されるのか?

なぜ「死刑」は隠されるのか?

読めば読むほど腹の立つ、「これが日本のニセ人権派というものか」がわかる便利な本。

不能犯

それが映画化。

大阪城

プリンセス・トヨトミ

「大阪国」が条約を結んだのは明治の新政府。

芸能人はなぜ干されるのか?

「ハニートラップ」も、芸能の範疇ですよね。

余計な一言

余計な一言

自分が、気をつけるべきことが、全て書いてある。

読まれている記事ランキング

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング