Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

巨大隕石の衝突

投稿日:2016年8月3日 更新日:

巨大隕石の衝突―地球大異変の歴史を読み解く (PHP新書)

もう、刷り込まれて当たり前だと思っている、

「隕石衝突→恐竜絶滅」。

が、そんなに定着した説ではなかったという事実。

急激な、巨大な隕石の衝突で、地球になにが起こったか。
人間からすれば悠久の歴史の中で、思わず人間の営みだけを「歴史」と考えてしまうけれど、
本書中、人間が生まれるはるか以前の様子を表現した部分が印象深い。

 

大胆な変化は「汚染」で起きたという。

いわく、海中での生物大繁殖、植物の繁茂による、酸素での汚染。

大陸が生まれ、それが雨で削られたことによる海洋の汚染。

これらの「大規模な汚染」により地球環境は変化し、今、人間がその産業活動により大規模に地球環境を汚染し、あらたな局面を迎えようとしている。

つまりそれは、「人類滅亡への正しい道程」なのか。

そして「新たな地球の支配者の誕生への端緒」なのか。

巨大隕石衝突から連なる恐竜絶滅は、そのスーパーパワーたる不可抗力であって、大きく身体だけが成長した爬虫類の彼らには、どうすることもできなかった。

今、その原因を自分たちが担っている人間は、この大変革の時代、絶滅へと続く道を、引き返すことはできるのだろうか。

惑星物理学から見る、地球の歴史、そして警鐘。

 

 

-読んだ本
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女

堕落と悔悟、その二面性を表現するアイコンとして、敬虔を惹起する女。

エッシェンシャル思考

エッシェンシャル思考

マネジメントできなかった、全ては自分のせいなのに。

5年後、メディアは稼げるか

まさにMONETIZE OR DIE。

チョコレート・アンダーグラウン

読めばきっと、チョコレートが食べたくなる…。

日本共産党

面白いのは、共産党が持っているロジックだ。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング