Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

巨大隕石の衝突

投稿日:2016年8月3日 更新日:

巨大隕石の衝突―地球大異変の歴史を読み解く (PHP新書)

もう、刷り込まれて当たり前だと思っている、

「隕石衝突→恐竜絶滅」。

が、そんなに定着した説ではなかったという事実。

急激な、巨大な隕石の衝突で、地球になにが起こったか。
人間からすれば悠久の歴史の中で、思わず人間の営みだけを「歴史」と考えてしまうけれど、
本書中、人間が生まれるはるか以前の様子を表現した部分が印象深い。

 

大胆な変化は「汚染」で起きたという。

いわく、海中での生物大繁殖、植物の繁茂による、酸素での汚染。

大陸が生まれ、それが雨で削られたことによる海洋の汚染。

これらの「大規模な汚染」により地球環境は変化し、今、人間がその産業活動により大規模に地球環境を汚染し、あらたな局面を迎えようとしている。

つまりそれは、「人類滅亡への正しい道程」なのか。

そして「新たな地球の支配者の誕生への端緒」なのか。

巨大隕石衝突から連なる恐竜絶滅は、そのスーパーパワーたる不可抗力であって、大きく身体だけが成長した爬虫類の彼らには、どうすることもできなかった。

今、その原因を自分たちが担っている人間は、この大変革の時代、絶滅へと続く道を、引き返すことはできるのだろうか。

惑星物理学から見る、地球の歴史、そして警鐘。

 

 

-読んだ本
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

氷室京介ソロデビュー25周年

「100の質問」が、とてもおもしろい。

大阪城

プリンセス・トヨトミ

「大阪国」が条約を結んだのは明治の新政府。

佐藤優

サバイバル宗教論

その意味と功罪をわかりやすく解説してくれています。

しょうがの味は熱い/綿矢りさ

こんなもんだよね…と煮詰まりながらも、上下を繰り返す男女の感情。

なぜ「死刑」は隠されるのか?

なぜ「死刑」は隠されるのか?

読めば読むほど腹の立つ、「これが日本のニセ人権派というものか」がわかる便利な本。

ハッピーメールバナー