宇宙の仕事

突然、宇宙(月の基地)に連れてこられた、6人の一般人。

侵略にくる宇宙人を説得すべく、「低臭波」を持つがゆえに選ばれた人たち。

個性豊かだが文明レベルが地球に揃ってる感じの様々な、妙な宇宙人。
それを個性豊かな人が演じる、Amazonプライムオリジナルドラマ。

第2話には佐藤二郎さんが宇宙人として登場しますが、この人はどちらかというと「6人」の中に入っていてもおかしくないです。
と言うか、入っていて欲しかったくらいwww

でもなぜか宇宙人側。
これは、多分ですけど、「おもしろくなりすぎるから」ではないでしょうかww

「いつまでやってるんだ!!」と言われてしまいかねない、アドリブとセリフの区別のつかないムロツヨシ氏とのやりとり。

 

設定がどうでもよく思えてくる

登場人物のキャラがはっきりしてきて、だんだん、コントのようになっていきます。

とても面白い。

第7話ではゾルゲール星人の様子を見て、香織(西野七瀬)が笑いをこらえているのがはっきりわかりますwwww

これ、もともと、舞台だったんですね。
2007年の公演が、ここへ来て、という感じ。

GLIM SPANKYのエンディング曲も良い雰囲気です。

こういう、会話を中心として、でも設定はSFで、でも俳優さん演技で面白さが倍増するドラマ、珍しいように思います。

最高の演者と、最高の時間帯で放送してるのに、なんでこんなにおもしろくなくできるんだろう…っていう地上波のドラマ、いくつもあります。

 

その原因を考えてみると

一つに「おもしろくない俳優が、おもしろい人の役をやっている」があると思います。

面白い人は、真面目な役をやってもなぜか笑える。
おもしろくない人は、いくら笑わせる役をやっても、ちっともおもしろくありません。

で、おもしろくないので、「面白いでしょ?」っていうセリフ回しや、演出や、CGを入れることになる。

感度の鈍い人や、狂信的なファンは「おもしろ〜い!」と言うのでしょうけど、鼻白むのです。

この「宇宙の仕事」は、役者さんがおもしろくなければ、もう全くおもしろくならないんです。

で、ムロツヨシ氏をはじめ、みんな凄まじい健闘を見せている。

最終話に近づくにつれ、「唯一の大根」だと思っていた西野七瀬さんですら、面白いんですからマジですごいです。

これは、地上波のくだらない「秋ドラマ」なんか見てないで、早めに見ておくべきではないでしょうか。

 

Amazonプライムは、一ヶ月お試しで無料です。
ぜひどうぞ。