Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

オートマタ

投稿日:

オートマタ(字幕版)

 

割と原始的なヒューマノイド、ピルグリム。
これは、2044年、という時代設定、いやぁそんなに未来ではないな、ということからも現実味があるのかも知れない。

つまりまだ、驚くほどの科学の進歩はまだしていない時代の、簡易なロボット、ということ。

それは、書き換えられず、勝手に発展はしないはずのロボット。
そして人は減り、これからこの地球、どうなっていくのだろう…という不安と期待。

ロボットが勝手に発展し、進化していき、前世代の地球の支配者として、人類は滅んでいく。
アンドロイド/ヒューマノイドものは、未来を希望的観測だけでは描けない、人間のエゴが見え隠れする作品が多い気がする。

 

Amazonプライムで見ました。

-映画、どんどん見ていくよ!
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マシニスト

マシニスト

30キロの減量を、りんごとツナ缶だけで成功させたそうだ。

セブンス・サン 魔使いの弟子

セブンス・サン 魔使いの弟子

エンディングまでかっこいい映画だった。

13時間

13時間 ベンガジの秘密の兵士

日本では劇場公開されていない作品。

スカイライン -征服-

日産の提供でお送り…

炎の大捜査線

炎の大捜査線

これはいったい、なんなの…w!?

ハッピーメールバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ