Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

オートマタ

投稿日:

オートマタ(字幕版)

 

割と原始的なヒューマノイド、ピルグリム。
これは、2044年、という時代設定、いやぁそんなに未来ではないな、ということからも現実味があるのかも知れない。

つまりまだ、驚くほどの科学の進歩はまだしていない時代の、簡易なロボット、ということ。

それは、書き換えられず、勝手に発展はしないはずのロボット。
そして人は減り、これからこの地球、どうなっていくのだろう…という不安と期待。

ロボットが勝手に発展し、進化していき、前世代の地球の支配者として、人類は滅んでいく。
アンドロイド/ヒューマノイドものは、未来を希望的観測だけでは描けない、人間のエゴが見え隠れする作品が多い気がする。

 

Amazonプライムで見ました。

-映画、どんどん見ていくよ!
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

レオン

そういえば後に日本でも撮影された「WASABI」では、ベッソンは監督はしなかった…んだな…w

冷静に事務所を通して提訴するFさん。

この対処は現時点で、最良の判断なんだろう。

スノーホワイト

スノーホワイト

ゴブリンが異常に怖いwww

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

この映画の要は音楽。そう言い切っていいかもしれませんね。

ミュージアム

裁判員裁判の存在までをも問う、といってもいいハードな内容。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング