Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画を見ても何も思わない猿

セッション

投稿日:

セッション(字幕版)

J・K・シモンズの演技・迫力、その全てで観る者は圧倒されます。
エンディングも、余韻を残す素晴らしい演出。

最後の最後まで、言いたいことを全部セリフで説明して回らないと気が済まないのが邦画なんだな、と改めて思わされます。

ドラマとして、ドラムを題材に、ここまで緊張感のある、激しい情感をでも静かに、秘めた思いとして表現できるなんて。

いやぁ、J・K・シモンズに顔。
ギリシャ彫刻のような、彫り込まれたシワ、造形。
そしてあの声。
あれで「速い!!テンポ!!!!」とかって怒鳴られたら怖いでしょうね。
音大の生徒とか、観たら泣いちゃいそうw

しばらく忘れられそうにありません。

 

Huluで観ました。

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

 

 

-映画を見ても何も思わない猿
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ベルセルク

ベルセルク

「断罪篇」です。

パパはわるものチャンピオン

この物語の原作は絵本「パパのしごとはわるものです」の続編である。

幕が上がる

幕が上がる

「若いネーちゃんに言わせる、演劇ジジイの哲学」みたいなのが鬱陶しい

ヴァレリアン 千の惑星の救世主

あのリュック・ベッソン監督の、「フィフス・エレメントからの答え」。

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

絶対平地でやったほうが楽ですからww

読まれている記事ランキング

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング