Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

エッシェンシャル思考

投稿日:

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

確かに、あれも、これもで時間が失われ、結局「あれをやりたかったのに…」と、人生全体を後悔している人って多い気がする。ひょっとしたら自分の親や、その世代からも、そんな声を聞いたことがあるかも知れない。

「優秀な人ほど、断る」。

確かに、「人が良い」ということでいろんなことを引き受けていっぱいいっぱいになり、自分のキャパシティを超えて物事を抱えた結果、他のことの失敗も、「そのせい」にしてしまうという悪循環が起こっている。

マネジメントできなかった、全ては自分のせいなのに。

本質的に、何を優先しなければならないか。

これを「無理なので断る」なんて言ったら、もうそれ以来、金輪際、依頼は来ないのではないか。

もしそうだとしたら、その能力について、あなたはその程度なのかも知れない。
優秀な人が読む、優秀な人が書いた、優秀な人にしかできない思考、に一瞬思えるけれど(笑)、我われにも、活用できる部分はある、はず!!!

-読んだ本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヤンキー化する日本

バッドセンス。シンメトリー。

遊びと精神医学―こころの全体性を求めて

遊びと精神医学―こころの全体性を求めて     第一部 遊びの精神医学的意義 第二部 吉本隆明との対話 第一章 遊び、芸術、精神医学 第二章 フロイト、ユング、そして人生 &nbs …

「かわいい」論

注意が必要な言葉でもあるのだ。

世界は分けてもわからない

「分けてもわからない」という最終フレーズに収斂していく。

全脳思考

2度目になるが、この本に書かれたことすべてを実践するのは、普通、不可能だ。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング