Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

本能寺の変 431年目の真実

投稿日:

【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)

いやぁ、参りました。
まさか、そんな辻褄が、しっかり合うなんて。

さすが秀吉。
さすが家康。

…としか、言いようがない(汗)

あの本能寺の変がなかったら、ひょっとして、今の日本の版図は、第二次世界大戦を前に、大きく変わっていたのかもしれない。

というか、太平洋戦争の前に、すでに日本は列強に入っていたかもしれない…。

でも、その前に、信長の野望は、国内の人たちによって徹底的に反対されて潰された。
そういうところも、「日本ぽいなぁ…」と思ってしまいます。

491年経った、衝撃の真実。

-読んだ本
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

文化人類学で読む日本の民族社会

文化人類学で読む日本の民族社会

最後の章を読むだけで、珠玉の価値がある本だと思いました。

「関係の空気」「場の空気」

「ボク生き」で通じる、と判断した、その瞬間に。

闇金ウシジマくん

闇金は、大きな意味での、マネー・ロンダリングなのだ。
借りる方は、被害者でもあり、共犯者にされているのある。

発達障害に気づかない大人たち

それは自分の怠けごころや悪い企みなどではなく、脳の機能のせいなのに…。

教団X

教団X

ぶあつい。とにかく厚い。

ハッピーメールバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ