Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

本能寺の変 431年目の真実

投稿日:

【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)

いやぁ、参りました。
まさか、そんな辻褄が、しっかり合うなんて。

さすが秀吉。
さすが家康。

…としか、言いようがない(汗)

あの本能寺の変がなかったら、ひょっとして、今の日本の版図は、第二次世界大戦を前に、大きく変わっていたのかもしれない。

というか、太平洋戦争の前に、すでに日本は列強に入っていたかもしれない…。

でも、その前に、信長の野望は、国内の人たちによって徹底的に反対されて潰された。
そういうところも、「日本ぽいなぁ…」と思ってしまいます。

491年経った、衝撃の真実。

-読んだ本
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

バクチと自治体

公営ギャンブルのために市町村の財政が悪化するのでは、なんのためにやっているかわからなくなる。

大阪城

プリンセス・トヨトミ

「大阪国」が条約を結んだのは明治の新政府。

私とは何か――「個人」から「分人」へ

とにかく、この考え方を身につけることで、自分の生き方をヘタクソに狭めなくて済むかも知れない。

陰謀の日本中世史

歴史の研究者は、あまりに荒唐無稽な「陰謀論」は、否定すらしない。

マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女

堕落と悔悟、その二面性を表現するアイコンとして、敬虔を惹起する女。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング