Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

レオン

投稿日:

レオン 完全版 (字幕版)

なんだかずっと面白い。
ストーリーや描写は残酷で、主人公の感情的にも冷淡なまま進むのに、画面から感じる温度はまるで、1秒後にとんでもない展開が待っている、と常に思わせてくれるほどのものだ。

ジャン・レノ。
ナタリー・ポートマン。

「一夜にして」という言葉が合うほどに、この作品で二人は、世界的な大スターになったと言ってもいいだろう。「レオン」の余韻は、まだ続いている。

特に、ナタリー・ポートマンの衝撃。
彼女でなければ、この映画はなかったとすら思える。

リュック・ベッソン、傑作中の傑作。
悲しくも残酷な、殺し屋と少女の物語。

ゲーリー・オールドマンの素晴らしさも全開。

そういえば後に日本でも撮影された「WASABI」では、ベッソンは監督はしなかった…んだな…w

エンディングの「Shape Of My Heart」が泣かせる。

-映画、どんどん見ていくよ!
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

そのときは彼によろしく

そのときは彼によろしく

慈(いつく)しみに虚しさが混じりだす。

TRICERATOPS WINTER TOUR 2013 FINAL@Zepp DiverCity TOKYO

個人的に、特筆すべきは2点。

イングロリアス・バスターズ

イングロリアス・バスターズ

想像しながら観ていくと、それがことごとく裏切られます。

ランペイジ 巨獣大乱闘

宇宙空間から始まり、シカゴ壊滅の危機まで迫る。

吹けば飛ぶよな男だが

おそらく、ミヤコ蝶々氏の存在が大きいのではないか。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング