Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

祈りと署名

投稿日:

祈りと署名 (ビームコミックス)

猛烈に不思議な作品群。

どうやって描いているのか、発表当時はプロの漫画家の中でも謎だったという。

光と闇と、幻想と現実と。
虚実の入り混じったダークファンタジー、に見えて、希望が散りばめられた風流譚にも読める。

気味悪く、美しく、恐ろしく、華やかな世界。
ドロドロしているけど、綺麗に咲く世界。

そんな、裏表・二面以上ある精神を、不安とエロスをまぶしてある。

夢の中を歩いているような、
夢から覚めた茫洋とした日常を歩いているような…。

-読んだ本
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女

堕落と悔悟、その二面性を表現するアイコンとして、敬虔を惹起する女。

テレビ局削減論

「テレビはバカが見ていると思って作れ」

イスラーム国の衝撃

書いてある通りに進んでます((;゚Д゚)ガクガクブルブル

夜は、待っている。

言葉にすればこうなる、という素晴らしい例の数々。

おれは権現

おれは権現

その最後の一文には、唸りながら首肯せざるを得ない。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング