Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

祈りと署名

投稿日:

祈りと署名 (ビームコミックス)

猛烈に不思議な作品群。

どうやって描いているのか、発表当時はプロの漫画家の中でも謎だったという。

光と闇と、幻想と現実と。
虚実の入り混じったダークファンタジー、に見えて、希望が散りばめられた風流譚にも読める。

気味悪く、美しく、恐ろしく、華やかな世界。
ドロドロしているけど、綺麗に咲く世界。

そんな、裏表・二面以上ある精神を、不安とエロスをまぶしてある。

夢の中を歩いているような、
夢から覚めた茫洋とした日常を歩いているような…。

-読んだ本
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜ「死刑」は隠されるのか?

なぜ「死刑」は隠されるのか?

読めば読むほど腹の立つ、「これが日本のニセ人権派というものか」がわかる便利な本。

耳は忘れない

特に「盗賊は砂漠を走る」、今夜にでも、夢に出そうだw

「1冊10分」で読める速読術

1冊10分」で読める速読術

何より、この本自体が、すごく速く読めるwww

私とは何か――「個人」から「分人」へ

とにかく、この考え方を身につけることで、自分の生き方をヘタクソに狭めなくて済むかも知れない。

日本の10大新宗教

伝統宗教になり得る可能性はある。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング