Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

おれは権現

投稿日:

新装版 おれは権現 (講談社文庫)

戦国〜江戸に渡る、徳川・豊臣あたりに活躍した、大名やその将にスポット当てた短編集。

福島正則や加藤清正、「けろり」の道頓(大阪の道頓堀を作った安井氏)など、主役級からそうでない人たちの悲哀と、人生の機微を感じさせる秀作がそろう。

中で、「信九郎物語」は四国の雄・長宗我部の復興にまつわる物語だが、その最後の一文には、唸りながら首肯せざるを得ない。

-読んだ本
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

凛とした生き方

理解しにくくも悲哀があって印象に残る。

進撃の巨人

単なるファンタジーではない、壮大な、まさしく人間の、物語。

戦国武将の明暗

戦国武将の明暗

「ぼくの本は売れません」から始まりますwww

世界が土曜の夜の夢なら

世界が土曜の夜の夢なら

ヤンキーとは、なんなのか!?

私とは何か――「個人」から「分人」へ

とにかく、この考え方を身につけることで、自分の生き方をヘタクソに狭めなくて済むかも知れない。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング