クリスマスツリーは非現実を手軽に実感できる唯一の植物

クリスマスってなあに?

前にクリスマスが迫ってますが、いかがおすごしでしょうか。

クリスマス会や忘年会のラッシュが始まっているようです。

暴飲暴食が強いられる年末、大変ですねえ。

個人的にはそういう集まりには極力行かないようにしているので、

胃腸が破壊されたり酩酊状態に陥ったりということは絶対にないのですがやっぱりクリスマスツリーの華やかさは、少しだけ味わいたい、と思ったりします。

 

クリスマスの次の日には撤去されて一気にお正月なムードになるというのも毎年恒例ですが、これも日本ぽくてなじみ深いです。

ああ、日本人は無宗教だ、節操がない、なんて皮肉を言う人も多いですが、宗教行事でクリスマスうんぬんと行動している人 なんてほんとにヒトツマミですよね。

ほとんどの人にとってクリスマスとは「イルミネーション」と「クリスマス商戦」のことを指している気がします。

自由が丘 自由が丘のクリスマスツリー。

春にはこの通りは桜並木になってお花見してる人もおおぜいいますが、

このクリスマスツリーは正真正銘本物のモミの木だそうで、

群馬県のつまごいから運んできたとのこと。

 

この点灯ならびにクリスマスが終わったら、また元の場所に戻されるそうです。

さすがセレブタウン、という感じ。

 

 

赤煉瓦

横浜赤レンガ倉庫はクリスマスの特別な催し。

屋台(?)が出て独特の食べ物も楽しく、飾り付けも妙に本格的です。

サンタ人形が何体もあり、いっしょに写真に収まろうとする人も多数。

恵比寿1

圧巻はこれですよ。

クリスタルの釣り鐘(?)。 バカラ、でしたっけね。

恵比寿ガーデンプレイスにあります。 圧巻の輝き。

豪華の極み。

 

すごい、って思うけど、自分ちにあったらもうどうしたらいいんだろうっていうくらいデカイですね。

 

恵比寿2

こういう感じで展示してあります。

見てるだけでぼーっと数十分すぐ経っちゃう、みたいな。
 
寒くなければね。


恵比寿3

駅に向かってこの感じ、ああ、もう東京だなぁって思いますね。

なんだかギンギンギラギラどギツくただど派手ってわけじゃないんですよ。

品がある。

クリスマスの準備がまだのお方、さくさくっとツリー(状のもの)を飾るだけで気持ちってなぜか高揚するようですから、狭窄な思考で「宗教的におかしい」とか、 そういうわかり切ったことをいつまでも言ってカシコぶってないで、少し気楽に考えてみるのも、いいんじゃないでしょうか。

 

コメントを残す

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

このページの先頭へ