発売になったTRICERATOPSのアルバム
『SONGS FOR THE STARLIGHT』。

シアトリカルなアプローチさえ感じるアルバムの歌詞を読んでいくと、そこには
「現代を冷静に見る心象風景」と、
「男としてのモヤモヤ」と、
「人生の大いなる肯定」が含まれていました。

そこで、全曲に対し、「ああ、そうですよねえ」という感嘆を簡単に示しつつ、
いっしょに楽曲を聴きながら、より歌詞世界を堪能できる工夫として、勝手な解説を書いて見ることにしました。

歌詞は、メロディに乗っているからこそ理解しやすく、心に届くことがあります。賛美歌しかり、般若心経しかり。

そして、メロディにしか乗せられないという制約は、それゆえに意味を倍増させることがあります。

つまりは、なにかの隠喩になっている。

たとえば「二人」という言葉が出てきたとしても、それは1対1の恋愛をはさんだ関係性だけでなく、対人関係すべてに呼応する比喩だったりするのです。 「妙な解釈をするヤツもいるもんだ…」
などと嘲笑しながら、軽い気持ちでごらんください。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

goodE

 

 

5、GOOD ENOUGH

 

「ああ、こういう風に、怒りって、表現する方法もあるのか…」
この曲を聴き、歌詞を見たとき、一番最初に思ったのは、そういうことでした。

最初にこの楽曲に感じたエモーションは「怒り」。
真実は定かではありませんが、作曲の発端は「怒り」にあるような気がします。

その感情を、3、4回ひっくり返し、軽やかに言えてしまう、

ここにも、「人生の大いなる肯定」があるような気がします。

人間から漏れる、かすかな光。
それは、たとえ「別人の誰かになってしまった」ような人にもまだ、さらに新しく生まれ変れるチャンスはあるし、その優しさが、誰かを癒す機会があることを示唆している。

温かい、人一倍優しさも持った目線がないと、こうは言えませんよね。

とにかく、今生きているということじたいが
まず「Miracle」であって、どんな状態かといえば「Twinkle」なんですよ。

これを忘れちゃならない。

だから、たいていどんなことが起こったって「That’s Good Enough」って感じで済ませることもできる。

 

「That’s Good Enough」=「まぁ、いいんじゃない」

 

怒りがあるからこそ、そこからその怒りが癒える時、
戻り道の傍(かたわ)らに並ぶ優しさを、冷静に眺めることができる。

ああ、俺は、こんな優しさに溢れた道を、歩いていたんだなぁ、と。
怒りに我を忘れて、路傍の花が、目に入っていなかったんだ、と。

ひょっとすると「That’s Good Enough!」の原義には、そんなに全肯定なニュアンスは、ないかもしれない。

 

でも怒りそうになった時、とりあえずいったん「That’s Good Enough」と口に出して言ってみること。怒りの矛先、いや、感情の道順が、変わっていくかもしれません。