Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

バリー・シール アメリカをはめた男

投稿日:

バリー・シール/アメリカをはめた男(字幕版)

なんなんだこの明るい「まさにアメリカ」みたいなムードはw

アドラー・ベリマン・”バリー”・シール。

最後は殺されてしまう実在の人物。

だけど、どこかで生きているかのような雰囲気すら残る。

麻薬捜査局やFBIが一堂に介してバリーを逮捕しに来るシーン、皮肉の表現かもしれないが、横の連携ってどうなってるんだろう。

実際、南米諸国とアメリカ合衆国との、空輸についての規制線というのはもっと厳しいのだと思う。

陸路では大統領が「グレートウォールを作る」と息巻いているが、空路は??
それを考えるときは今後、いちいちこの映画を思い出すだろう。

 

Amazonプライムで見ました。

-映画、どんどん見ていくよ!
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

トリプル・フロンティア

あそこで、あの人が死ぬ…目的がいつの間にか変わってしまって、ただただ逃げる…そんな展開に、ハラハラさせられる。

長谷部選手、引退。

あの本田圭佑選手も、「もう次のW杯には出ない」と宣言しているらしい。

GRRR! GRRR! GRRR!

男は普通、あんまり泣いたりしないものですから、ギターで泣くんです。

湯を沸かすほどの熱い愛

「風呂屋」が示すメタファーは、「情」「愛」か。

SAFE/セイフ

「天才少女」の気丈さが、せめてもの救いか。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング