Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

女性天皇

投稿日:2016年3月27日 更新日:

女性天皇 (集英社新書)

女帝といえば称徳天皇、称徳といえば道鏡、道鏡といえば巨…

いやいや、女性ならではの立場の差、を、現代的な視点で「ジェンダー」を用いて語ることの陳腐さも、本書ではきちんと釘を刺されています。

宇佐八幡神託事件がかすんでしまうほど、女帝6代の、状況の苛烈さは想像しがたいものがありますね。

その時代、資料の少なさから想起されるロマン。

悠久の歴史、という言い方も出来ますが、時代を経て、今もその制度が残っているということの凄さ、凄みのようなものを感じます。

嫡流を尊重する「不改常典」という考え方、
それが守られることすらも、
武力や財力などを担保にした「権力」の裏付けが必要なわけで、
王権としての運営能力が、かたまりつつあった過渡期の古代日本のありようが、
その後、女帝が現れてこなかったことでもわかるのであります。

今、語られる「女性天皇」。

役割と経緯と「皇室典範」、つまり現代の「不改常典」について、
もっと議論さればければならないのでしょうね。

 

 

 

 

 

女性天皇は皇室廃絶―男系男子天皇を、奉戴せよ
中川 八洋
徳間書店
売り上げランキング: 518,957

-映画、どんどん見ていくよ!
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

珍遊記

珍遊記

「実写化」とは、なんのためになされるのか、を改めて考えさせられる、哲学的な作品。

おっぱいバレー

仲村トオル(生徒のお父さん役)の、最後の方の場面の、一瞬の目線が気になった。

湯を沸かすほどの熱い愛

「風呂屋」が示すメタファーは、「情」「愛」か。

山崎真美

電人ザボーガー

主役は山崎真美さんではないでしょうかw

東京原発

東京原発

人の不幸で、メシを食う人ら。

ハッピーメールバナー