Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

バチカンで逢いましょう

投稿日:2016年8月9日 更新日:

バチカンで逢いましょう。

なんかこう、なにダラダラやってんだ、みたいに思う瞬間も正直あったりしたんですが、最後の方に急旋回!

なんか、いい天気の日に見晴らしの良い場所に立って、涼しい風が吹いてきてこれから楽しい時間が始まるっていう、そういう「気持ちの良さ」になれる映画です。

バチカンといえばローマ法皇、ローマ法皇といえばバチカン。
たしかミッションインポッシブルでは潜入にそうとう苦労してたような気がするけどw、特別なロケーションでの、普通の人たちの感情の起伏。

 

しかしこれは、「バチカンを見るための」映画です。

バチカンの様子を、バチカンの景観の素晴らしさを楽しむ映画でもある。

ストーリーだけでなく、その美しい街の様子を楽しめる。
行ってみたい、と素直に思えます。

原題は「Omamamia」。

字幕版を見ましたが、これって吹き替えですね。
ドイツ語だけど、なに?この人は吹き替えだぞ?これイタリア語?みたいな感じ。

 

Amazonプライムで見ました。

-映画、どんどん見ていくよ!
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

氷室京介「LAST GIGS」に感じる100の憂鬱

誰にも言わず歩いてきた氷室京介の悲哀を感じました。

ソロモンの偽証

「中2病」とはいわゆる、「限られた情報で世界を内側に構築してしまう」ことを言うのではないだろうか。

悪人

柄本明がと満島ひかりが素晴らしい。

クヒオ大佐

クヒオ大佐

エリザベス女王とカメハメハ大王の血を引く、という設定だったそうだ。

ミュージアム

裁判員裁判の存在までをも問う、といってもいいハードな内容。

ハッピーメールバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ