Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

常識外の一手

投稿日:2016年9月30日 更新日:

常識外の一手 (新潮新書)

あの谷川名人による、自身と将棋界を冷静に見つめて記した書。

将棋といえば羽生さん、というくらいにメディアでは羽生善治氏が目立っているが、将棋連盟という組織の動きや時代に合わせた動きなど、業界を支える人たちあってのことだと改めて知らされる。

ド天才であるプロ棋士たちの、「強くなる」ための要素も解き明かされる。

年齢と共に移りゆく、棋風。

コンピュータとの対戦に見る、人間の力。

常識を踏まえない者に、非常識で勝ち抜く技は出せない。

ご本人の天才ぶりがさらりと回顧されているところに、知らなかった人は度肝を抜かれることでしょう。

アウトデラックスでおなじみの、加藤一二三先生に関する記述もあります。

 

 

 

 

 

-読んだ本
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

バッタを倒しにアフリカへ

稀有なキャラクターはすでに、メディアでも話題だ。

凛とした生き方

理解しにくくも悲哀があって印象に残る。

ヤンキー化する日本

バッドセンス。シンメトリー。

悲しみの海

戦後の生き残り、そして社会が揺れる中で、生きるとは何か、生きないとは何か。

東福門院和子の涙

東福門院和子の涙

筆硯清良、人生一楽という語もあるほどに文房品は喜びじゃ。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング